【知名度=お金】プライベートを晒す時代が終わらない理由|日本人はプライド高きZ戦士

 

 

 

 

プライベートを晒す時代が終わらない理由

 

 

youtubeに投稿して一定数の視聴者になると、広告が付くようになります。

 

 

・その広告がユーチューバーは収益になる

・また、企業の案件で商品を紹介するとまた別でお金がもらえる。

・また、動画で紹介した商品を購入してもらうとまたお金が入るようになる。

 

フォロワーの人数が多ければ多いほど、視聴される回数は増える。

 

より大金を得ることが可能になる。

 

 

 

 

フォロワーの数 = 自分の価値

 

そしてフォロワーが増えて人気になれば、それがお金になる。

 

ということは、

 

フォロワーの数 = 自分の価値 = お金

 

 

自分の価値をお金に換算していることになります。

 

 

 

 

 

 

今や誰もが簡単に動画や写真をアップできる時代です。


ソニー ビデオカメラ FDR-AX45 4K 64GB 光学20倍 ブラック Handycam FDR-AX45 BC
 

 

 

 

みんなフォロワーを増やすことに一生懸命になっています。

 

フォロワーの数を求める続けると、どんどん過激な動画や写真になっていきます。

 

ほとんどの場合・・・フォロワーが求めているいるのは性的な目・露出の多さ・継続性・エンターテイメント性・共感です。

 


 

今までは芸能人がそれを独占してきました。

 

しかし、今や誰もができる時代。

 

何が怖いかって、一般人は誰も守ってくれません。

 

 

芸能人の場合、CM1本で何千万円という契約も珍しくない。

テレビ一本で200万円とか

ドラマ一本100万円とか。

 

なんで、そんなに高いのか考えると、露出が多くなれば多くなるほど、危険が増えるからです。

 

高額な報酬の中にはセキュリティー料も含まれている。

 

・移動だって気をつけなければいけない。

・家は強度なセキュリティーがないとマズイ。

・プライベートも見張られている

 

 

 

 

一般人の契約にはそれがありません。

 

自分で安全を確保しないと、

 

・嫌がらせをされる

・住所が特定されてイタズされる

・ストーカーされる

・身内にまで範囲は広がる

・デマを流される

・ハメられる

・案件をとったが、その商品が粗悪品だった。

 

 

 

下手したら、一生残るキズになるやもしれません。

 

 

 

 

知らない人が自分の事を知っているという事は、そういう事です。

 

 

 

 

           
 

 

 

 

 

彼らにとって、一番怖いのがフルボッコにされることです。

 

 

 

一度炎上してしまうと、何でもかんでも関連つけて、人格全てを否定してしまうのが最近多くなってきています。

 

 

森前首相 また炎上していますね。

 

 

 

 

 

もうこうなってしまうと全て悪い人間だとマスコミは編集して報道します。

 

 

キリトリ報道・・・・

 

一部の話をキリトリ、あたかもそういった発言をしたという程で報道するやり方。

実際は、話の流れからでた例え話だったりしますが、

マスコミは、そういった話の流れは排除して報道する

(森さんの場合はわかりませんが・・・)

 

 

 

 

 

 

なぜお金の為にプライベートをさらけ出すのか?


 

 

 

日本人はプライド高きZ戦士

 

 

日本人の見栄っ張りさは世界一。

 

 

 

・ブランド品を多く持っているから偉い

 

・家賃の高いマンションに住んでいるから偉い

 

・お金持ちだから偉い

 

 

 

 

世界中で一番ヴィトンが売れているのが日本だそうです。

 

 

なんとも恥ずかしい話です。

本来、ヴィトンなどのハイブランドは、紳士淑女が持つからカッコいいのです。

親から子供に受け継がれるから、価値があるのです。

日本は、それを履き違えている。

ヴィトンを持っている = 自分には価値がある

なんて感じです。

ヴィトンに価値があっても、じゃあヴィトンを引いたあなたはなんなんでしょう?

 

 

 

 

 

この先どうなっていく??

 

 

 

この先、プライベートを晒す時代は、続いていく事でしょう。

 

そこに、お金が発生するかぎり、この仕事は無くなりません。

 

しかし、もう少し組織化していくんじゃないだろうかとは思っています。

 

個人でプライベートを晒し続けるのは危険すぎる。

 

そういった事件も今後出てくると思われます。

 

 

 

 

 

今後、少人数でのショートムービーなんかが流行るかもしれません。

 

・低コスト

・最小限

・自分たちで編集、楽曲制作、出演、監督、構成。

・中身で勝負みたいな。

 

 

そのショートムービーなりドラマなりが流行れば、

 

出演している人はだれ?

楽曲は自分で作ったの?

シナリオが最高じゃん!!

 

ってな感じでオファーがくるようなWINWINな感じの。

 

 

 

 

【Win-Win】【Total Win】最終的にお互い徳をするビジネスがカギとなる

【Win-Win】【Total Win】最終的にお互い徳をするビジネスがカギとなる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です