【MaaS】【バッテリー】電動バイクからみる今後の日本の未来  

 

 

 

電動バイクはもうここまで来ています。

 

 

 

 

 

 

今後の時代は間違いなくこうなる。

 

ガソリンではなく電気(モーター)です。

 

 

 

 

 

これは既定路線です。

 

 

iPhoneが発売された時、

iPhoneなんて使いづらくて絶対流行らない。

俺はずっとガラケー使います。

なんて言っていた人を思い出します。

 

 

 

 

 

とんでもないスピードで進化していっているモノ

 

 

もうみなさん気づいていると思いますが、バッテリーです。

このバッテリーの進化がとても熱い。

 

 

今までのバッテリーのイメージは

 

・力が弱い。

・すぐに充電が切れる。

・壊れやすい。

 

しかし、実際は今やバッテリーは全ての問題を解決しだしている。

 

 

 

 

1、スマホのバッテリー


 

 

初期のiPhone  2008年頃のiPhoneはバッテリーが問題でした。

すぐに充電がなくなってしまうのです。

言うなれば、デスクトップのパソコンをバッテリーで駆動しているようなイメージ

 

 

しかし、今はどうでしょう?

最新のiPhone===種類にもよりますが3000mAhほど

ビデオでしたら18時間ほど再生できる容量です。

ちなみに最初のiPhone3Gは、1150mAhです。2.5倍以上のスペックアップしています。

 

 

中国製のスマホ===中国製のスマホはもっとすごい。

Xiomi製 Redmi Note 9S  5020mAh 

 

 

iPhoneに負けず劣らずのハイスペックなのに25000円ほどで購入できます。

 

 

  

 

【Redmi Note 9S】最強のコスパと性能・iPhoneの時代を終わらせる?

 

モバイルバッテリーならば、なんと25800mAh(iPhoneが8回充電できる。)で3000円ほどで買えます。

 

 

かなり改善していますよね。

この10年足らずでバッテリーの進化はとても早かったです。

 

 

 

 

2、コードレス電動工具


 

昨今のDIYブームを知っている方ならばご存知だと思いますが、

バッテリー駆動での電動工具。

これが、プロの世界でも一般的に使われるようになっています。

 

 

今までの電動工具も難ありでした。

それは、必ずコードに繋げないと使い物にならなかった。

 

それは上記のお理由です。

しかし、今や電動工具なしでは建築業界は出来ません。

 

・エアー工具は必ずコンプレーサーが必要

・手で一つ一つ打ち込むのはナンセンス

・有線では、取り込みが難しい。

 

 

 

 

そう考えるとインターネットも今は無線が基本ですよね。

 

 

 

 

Focus
今後のビジネスでは線でつながったものがなくなっていくがポイント。

 

 

 

 

 

 

日本は大丈夫??

 

 

この流れについていけないと日本は本当に不味いことになることでしょう。

 

スマホはアメリカ・韓国・中国に取られ

家電は主に中華製。

時代の要であるITサービス・SNSは軒並みアメリカのサービスを使っています。

 

Amazon、iPhone、ツイッター、ウーバー、ユーチューブ、インスタグラム

 

これに加えて自動車のシェアを奪われたら、日本はどうなるか?

 

 

日本の産業は自動車製造に重きを置いている。

トヨタ、ホンダ、日産、マツダ、スズキ、スバル

(よく考えるとかんな小さな島国で結構多いですね。)

 

 

 

 

それが現実になろうとしています。

 

 

 

 

2030年ガソリン車の新車販売を禁止

 

 

あと10年で製造ラインを一変しなければいけない。

今ある自動車産業の設備は、ガソリン車の製造に適した作りとなっています。

 

 

外装はまだいいでしょう。

ソフトウェアも場所を取りません。

足回りも大幅には変わらないでしょう

 

 

 

 

           

 

 

 

問題はエンジン関係と駆動系。


 

 

電気自動車にエンジンとミッションはいらない。

 

言うなれば車の心臓が今後全く違う部品になるということ。

今までの圧倒的なノウハウが通用しなくなるかも知れません。

 

 

この対応に日本人は本当に弱いです。

いつまでも昔の栄光にしがみつき、昔からのやり方を固辞してしまう日本の文化。

 

ガソリン、インジェクション、ガスケット、トランスミッション、吸気、からの燃焼系、エキマニ、触媒、マフラー。

 

これらが全ていらなくなり、モーターに変わります。

 

もう手遅れに近いかもしれません。

 

海外の電気自動車を輸入規制しないと全て飲み込まれる可能性もあります。

インターネットインフラが全てアメリカ企業のように。

今後はインドや中国も参入してくるでしょう。

 

 

アメリカの最新技術と中国の低価格でも安心できるレベルの電気自動車。

日本は2周ほど遅れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

課題は値段と充電

 

 

値段に関して、まだ高いです。

テスラでも1000万以上

 

上記のバイクでも330万円

しかし、必ず下がります。

 

15年前の液晶テレビ

1インチだいたい1万円していました。

40インチで40万円ほど。

 

10年前には

40インチで10万円ほどに

 

今はというと4万円ほどで変えます。

 

 

 

SDカード  1GB 108000円時代

 

今SDカード 32GBで1000円で買えます

 

 

 

 

 

今1テラのHDDが5000円ほど。

HDDからSDDへ

SDDもどんどん安くなっている。

 

 

 

 

次は?

 

 

 

参入企業が多くなると、必需品は必ず値段が下がります。

 

 

 

 

あとは、充電


 

これもいろいろ考えられます。

 

一つは、バッテリーの超絶進化

つまり、バッテリーの能力がさらに大幅に改善される技術ができる

 

iPhoneの充電は月に1回とか。

 

 

2つ目は、自然エネルギー

太陽光や風力なんかのエコエネルギーの大幅な交換率を実現

 

 

 

3つ目 自動充電

走りながら充電できる高速充電。

 

 

4つ目 永久エネルギーの発見

 

 

 

他にも

・日本中にあるガソリンスタンドが進化

・充電しながらのステーションホテル

・居住地を選ばない移動生活スタイル

 

 

 

 

           

 

 

 

 

日本に足りないもの

 

日本に足りないのはリーダーです。

政治家も企業家も日本にはリーダーがいません。

足並みを揃えて、変化に怯えているだけ。

変なことして自分の経歴に傷がつくのを恐る。

定年までなんとか無事に会社にいられますように・・・・・

そんな人がほとんどでしょう。

そんなマインドで世界に勝てるわけありませんし、世界はそんな日本を見越して餌場として見ていることでしょう。

今、悲惨な環境で働かせている外国人労働者も10年後黙っていません。

日本の生活環境に追いついた時、やられたことをやり返してくるでしょう。

リーダーがいない国は、いつの時代もそうなります。

 

 

 

 

 

原因は無駄にいい生活を経験してしまった日本人

日本は高度成長・バブルを経験して勘違いしてしまいました。

自分たちは、世界でも優秀な民族。

自分たちは、勝ち組の国家。

自動車で世界を支配した国。

 

この勘違いが、オシャレで、清潔で、自分は働かず命令を出すだけの、自分たちだけでは製造できない国になってしまった。

大企業の会議では、立派な箱に入った1つ2000円もするような弁当が平気で出てくる(会社のお金で)、

会話の内容は、昔はよかったや、最近身体が動かなくなってきた、でしょうか。

 

中国や台湾・ベトナムは違います。

みんなでコンビニ弁当を食いながら、唾を飛ばしながら今後の未来の話をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です