風俗業の種類と違いについて【風俗営業許可】

 

 

 

 

性産業といっても、たくさんあります。

その中で働いている人、もしくは知らないうちに働いている人。

 

ちなみに、性産業の市場規模はバカでかいです。

 

 

 

 

性風俗   約30万人の風俗嬢が働き、市場規模は5兆円

 

 

 

 

風俗営業許可が必要なパチンコ

 

パチンコ店舗数    約10000店
パチンコ店労働者数  31万人
市場規模       20兆円(10年前は26兆円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

性産業の種類

 

 

 

・風俗(ヘルスやデリヘル)   

 

性風俗営業の許可が必要 デリヘルの場合24時間の営業が可能  店舗営業は規制が厳しくなります。

 

 

店舗型風俗の場合(箱ヘル)

・半径200メートル以内に学校や病院があってはならない

・建物の所有者からの許可証が必須

・受付所の設置が必須

・個人出店は複数店舗が出せない

 

 

 

 

 

・ラブホテル         4号営業

 

 

・アダルトショップ      5号営業

 

 

 

・出会い系喫茶 出会い系居酒屋   営業の仕方によって風営法の許可が必要

 

 

 

 

出会い系喫茶・出会い系居酒屋の当てはまる条件

店舗を設けて、専ら、面識のない異性との一時の性的好奇心を満たすための交際(会話を含む。)を希望する者に対し、

当該店舗内においてその者が異性の姿態若しくはその画像を見てした面会の申込みを当該異性に取り次ぐこと

又は当該店舗内に設けた個室若しくはこれに類する施設において異性と面会する機会を提供することにより異性を紹介する営業

 

 

 

・アダルトビデオ     映像配信型性風俗特殊営業

 

 

 

・援助交際       個人売春

 

 

 

 

 

接待飲食営業店

・キャバクラ

・セクシーキャバクラ

・クラブ

・キャバレー

・ピンクサロン

・ホストクラブ

・メンパブ

風俗営業の許可が必要で18歳未満の入店禁止

 

 

 

そのほかに   ナイトクラブ(いわゆるクラブ) 雀荘 パチンコ店 ゲームセンターも 風俗営業の許可が必要

 

 

 

 

 

 

           

 

 

 

 

 

 

キャバクラ・クラブ・ラウンジ・ガールズバー・スナックの違い

 

 

キャバクラ・クラブは 上記のように風俗営業になります。

スナック・ガールズバーは、深夜酒類提供飲食店営業(居酒屋なんかと同じ業種)

 

 

風俗営業か深夜酒類提供飲食店営業はどうやって決まるかというと、接待があるかどうかで決まります。

 

 

 

風俗営業になる

・女の子をお客さんの隣に座らせての営業(スナックやガールズバーは対面)
・お客のタバコに火をつける
・カラオケでのデュエット・合いの手・拍手

 

 

 

 

 

 

パチンコ店やゲームセンターも括りからすると風俗営業になります。

 

日本各地にあるパチンコ店従業員・日本各地にあるモールのゲームセンター、

はたまた日本各地にある風俗店やキャバクラ。

 

かなりの方が、風俗業に関わっていることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です