警察官・教師の事件簿|異常をきたす聖職者たち 2020後期【3】

 

 

 

 

 

警察官・教師の事件簿 働き方に異常をきたす聖職者たち 2020 後期【1】

 

 

 

 

警視庁は10日、千葉県松戸市六実、同市立稔台小教員の容疑者(29)を強制性交容疑で再逮捕した。

 警視庁幹部によると、容疑者は8月13日午前9時頃、SNSで約1年前に知り合った埼玉県の中学1年の男子生徒(12)を東京都内の駐車場に呼び出し、車の中で性的暴行を加えた疑い。「おおむね間違いない」と供述している。

容疑者は、この男子生徒にわいせつな画像を送らせたとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)容疑で逮捕され、処分保留となっていた。

 

 

 

 

 

Focus

名古屋市は25日、交通局の男性職員(49)を停職6か月の懲戒処分とした。

男性職員は5月19日午後5時35分頃、JR名古屋駅の地下街で、カバンに小型カメラを隠し、エスカレーターで女性のスカートの中を盗撮した。

中村署が県迷惑行為防止条例違反容疑で書類送検し、8月25日に名古屋簡裁が罰金50万円の略式命令を出した。

市の聞き取りに対し、男性職員は「おおむね週1回盗撮した」と話しているという。

 

 

 

 

 

 

 

広島県教委は13日、顧問を務めるサッカー部の生徒から徴収したバス代など計約50万円を横領したとして、県立広高の教諭(29)を懲戒免職処分にした。

発表では、教諭は昨年10月~今年9月に複数回、遠征用のバス代から計約31万円を着服。

7月にはボールの購入費用など学校の会計から約10万円を使い込むなどした。行方が分からない不明金が他に約170万円あり、

教諭は「紛失した」と説明。着服した金は競艇や消費者ローンの返済に充てたという。

 

 

 

 

 

 

名古屋市立高校の男性教諭が、レトルトカレーなどを盗んだとして、停職3か月の懲戒処分となりました。

停職3か月の懲戒処分となったのは、名古屋市立名古屋商業高校の男性教諭(51)です。

市によりますと、男性教諭は今年7月、熱田区のスーパーで、レトルトカレーやチョコレートなど8点を盗んだということです。

男性教諭は、今年9月に窃盗の疑いで書類送検され、不起訴処分となっています。  男

性教諭は「周りが見ている様子もなく、そのまま持って帰れるのではないかと思った」などと話しているということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Focus

愛知県瀬戸市にある瀬戸少年院の元法務教官の男(31)が、少年院の宿舎で大麻を栽培したとして大麻取締法違反(栽培)の疑いで東海北陸厚生局麻薬取締部に再逮捕され、

名古屋地検が名古屋地裁に起訴していたことがわかった。

逮捕は7月20日、起訴状などによると、元教官の男は現職だった6月19日ごろから29日にかけて、

宿舎内の自室で大麻草1株を栽培したとされる。

29日、合成麻薬のMDMA1錠を所持したとして麻薬及び向精神薬取締法違反の疑いで同麻薬取締部に逮捕され、7月17日に懲戒免職処分となった。

 

 

 

 

 

 

 

岩手県教育委員会は、生徒に対する不適切な言動があったとして、中学校の男性教諭を停職5か月の懲戒処分としました。

懲戒処分を受けたのは、盛岡教育事務所管内の中学校に勤務する男性教諭(57)です。

男性教諭は2014年5月からおよそ1年3か月にわたって、顧問を務める陸上部の当時中学1年生の男子生徒に対し、

理由もなく練習に参加させず、選手が乗る移動用のバスに一人だけ乗車させないなど、あわせて18回不適切な言動を繰り返し、男子生徒を退部に追い込みました。

県教委によりますと男性教諭は「指示や指導を素直に聞いてもらえず、気に食わなかった」と理由を話していますが、

今回の処分を受けて「生徒を傷つける行為で申し訳なかった」と反省しているということです。

 

 

 

 

 

 

知人女性のスマートフォンを壊し暴行を加えたとして、大阪府警浪速署は16日、器物損壊と暴行の疑いで、大阪府立すながわ高等支援学校教諭(33)を現行犯逮捕したと発表した。

「携帯電話は壊したが、腹は蹴っていない」と容疑を一部否認しているという。

逮捕容疑は15日午後3時ごろ、同区塩草の路上で、口論になった知人のアルバイト女性(20)のスマホを路面にたたきつけて壊し、女性の腹を1回蹴る暴行を加えたとしている。

通行人の男性からの110番を受けて署員が現場に駆けつけたところ、路上に座り込む女性と隣にいた容疑者を発見。

 

 

 

 

 

教え子である女子高校生の下着の写真をツイッターに投稿し名誉を棄損したとして札幌市白石区に住む50歳の家庭教師の男が逮捕されました。  逮捕されたのは札幌市白石区の家庭教師50歳です。  容疑者は今年7月、教え子である女子高校生の下着の写真を本人が特定されるような文章とともにツイッターに投稿した名誉棄損の疑いが持たれています。  警察の調べに対し容疑者は「被害者に対して恋愛感情があった」と話し容疑を認めているということです。  警察によりますと容疑者から押収したスマホやタブレットから複数の女性の写真が見つかったということです。

 

 

 

 

 

女子中学生など2人に対しみだらな行為をしたとして、葉山町の元副町長の男が県警に再逮捕されました。男はこれで5度目の逮捕となり、現在公判中です。 児童福祉法違反などの疑いで再逮捕されたのは、葉山町の元副町長です。 容疑者は2017年の7月から9月にかけて、葉山町のホテルなどで当時中学2年生だった少女にみだらな行為をしたほか、裸の写真を撮影したなどの疑いが持たれています。 その中で、容疑者は自身のスマートフォンを預けて使わせる見返りにみだらな行為をしていたとみられています。

 

 

 

 

 

 

停職6カ月の懲戒処分を受けたのは県立山田特別支援学校・田野分校の教諭(55歳)です。 教諭は去年7月頃、私物のパソコンのファイル共有ソフトでわいせつな動画ファイル1点を、不特定多数のインターネット利用者に再生閲覧が可能な状態にしていました。 さらに今年1月ソフトを利用して、児童ポルノに該当する動画ファイルをダウンロードしそのまま所持し続けていました。 今年3月の県警の家宅捜索で児童ポルノ所持を認め、10月22日に罰金50万円の略式命令を受けています。

また県立特別支援学校の40代女性教諭が、県に無許可で同人誌を執筆し販売していたとして戒告の懲戒処分を受けています。 女性は2013年から今年10月までの間に52作品を販売。 1100万円を超える売り上げがあり、およそ175万円の利益を得ていました。

 

 

 

 

 

 

 

18歳未満の少女にみだらな行為をしたなどとして、島根県警は13日、県青少年健全育成条例違反の疑いで、県内の警察署に勤務する男性巡査長(25)を書類送検し、停職1カ月の懲戒処分としたと発表した。 巡査長は容疑を認め、依願退職した。  送検容疑は5月27日午後11時半ごろから約1時間、県内の雑居ビルの外階段付近で18歳未満の少女をとどめおき、6月13日午後3~4時、自宅アパートで別の18歳未満の少女とみだらな行為をした疑い。  県警監察課によると、9月上旬に別の案件の参考人として少女から事情聴取したところ、巡査長との件が判明した。巡査長と少女2人は以前から面識があった。

 

 

 

 

 

警察の留置場にいた女性に対し、わいせつな行為を見せたとして、当時、看守をしていた巡査長の男が13日に書類送検されました。 県警によりますと、41歳の男性巡査長は2016年の12月中旬、留置場にいた女性に対し、自らのわいせつな行為を見せた、特別公務員暴行陵虐の疑いで13日に那覇地方検察庁に書類送検されました。 「女性が自分に好意を寄せていると思った」と供述しているということです。

 

 

 

 

 

女子高校生が売春することを知りながら、ホテルの個室を予約し、使わせたとして福岡県警の会計職員が売春防止法違反の疑いで逮捕されました。 逮捕されたのは、小倉北警察署会計課の職員(44)です。 容疑者は今年3月、男性客2人を相手に売春行為をすることを知っていたにも関わらず、福岡市中央区にあるホテルの部屋を女子高校生に使わせた疑いが持たれています。 容疑者は、SNSで知り合った男性からこの女子高校生を紹介され、自分で日時を決めてホテルを予約。その後、SNSを使って引き合わせる男性客を募ったということです。

 

 

 

 

 

 

 

京都府立医科大学付属病院の医師の男が、女子高校生にみだらな行為をした疑いで再逮捕されました。 京都府の青少年育成条例違反の疑いで逮捕されたのは、京都府立医科大学付属病院の麻酔科医(32)ら2人です。 容疑者らは去年9月、飲食店で出会った当時15歳の女子高生を自宅マンションに招き入れ、みだらな行為をした疑いが持たれています。 容疑者らは、女子高生から「実は15歳だ」と打ち明けられていたということです。 調べに対し、容疑者は、「みだらな行為をしたかどうかも、何も言えない」と話し、2人とも容疑を否認しています。 容疑者は、ことし4月にこの女子高生とみだらな行為をした疑いでも逮捕されています。

 

 

 

 

 

 

 

Focus

教え子の女子生徒にわいせつな行為をしたとして、県内の公立中学校の男性教員を免職とする懲戒処分を決定しました。  免職の懲戒処分を受けたのは、県中央部の公立中学校の30歳の男性教員です。

県教委によりますと、教員は今年6月末ごろから11月1日までの間、教え子の女子生徒1人とLINEや電話で連絡を取ったうえで私的に会い、学校外に駐車した車の中やホテルでわいせつな行為をしたということです。  女子生徒の携帯電話に特定の人物の履歴が多く残っていることを不審に思った母親が、11月2日に校長に電話で相談したことから発覚しました。  聞き取りに対し教員は「仕事に対して悩みがあり、精神的に不安定なとき、明るく接してくれたことから女子生徒に好意を持った」と話しているということです。

 

 

 

 

 

 

沖縄県教育委員会は19日、会員制交流サイト(SNS)で知り合った県内の女子中学生とみだらな行為をしたとして、うるま市立中学校に勤務する男性事務主事(27)を、懲戒免職処分にしたと発表した。事務主事は10月7日に県青少年保護育成条例違反容疑で逮捕され、10月28日付で罰金刑を受けた。 事務主事は8月29日、SNSを通じて知り合った中学生と沖縄市内のホテルでみだらな行為をした。県教委の聴取に対し「18、19歳くらいだと思った」と話しているという。

また、会合の席で女性教職員の体を触り、SNSでみだらな内容のメッセージを送るセクハラ行為をしたとして、男性教諭を停職6月の懲戒処分にしたことも発表した

 

 

 

 

 

 

静岡県教育委員会は、スカートの中を盗撮した教師など2人にそれぞれ懲戒処分を下しました。 停職6カ月の懲戒処分を受けたのは、県西部の中学校に勤務していた29歳の男性教師で、ことし8月買い物中の薬局で女性のスカートの中を盗撮しました。 この男性教師は「撮影できるかドキドキしてやった」と話していて、処分を受け依願退職しました。 また、県東部の小学校に勤務する32歳の男性教師は、去年4月わいせつな画像をSNS上に投稿しました。

 

 

 

 

 

 

 

宇都宮市内のスーパーで万引をしたとして、栃木県警が19日までに、窃盗容疑で本部勤務の50代男性警部補を書類送検していたことが同日、捜査関係者への取材で分かった。男性警部補は既に懲戒処分を受けており依願退職した。 男性警部補は今秋、宇都宮市内のスーパーで食料品数千円相当を盗んだ疑いが持たれている。県警は任意で捜査し、今月、男性警部補を書類送検し懲戒処分とした。

 

 

 

 

 

 

 

障害のある母親に発行された都営交通の無料乗車券を使って地下鉄で不正乗車をしたとして、東京都交通局職員の男が逮捕されました。10年以上前から不正乗車を繰り返していたとみられています。 警視庁によりますと、東京都交通局の職員は去年9月、母親名義の都営交通の無料乗車券を使って都営地下鉄に17回不正乗車をし、合計運賃3360円の支払いを免れた疑いが持たれています。容疑者は80代の母親の障害者手帳を使って無料乗車券の発行を受けていて、不審に思った駅員が通報して発覚しました。 10年以上前から不正乗車を繰り返していたとみられています

 

 

 

 

 

 

海上自衛隊呉地方総監部は24日、盗撮などの非違行為を繰り返したとして、いずれも呉教育隊の19歳の男性海士を免職、20歳の男性海士を停職12か月の懲戒処分とした。 19歳の海士は昨年7月、広島市内の一方通行の道路をオートバイで逆走した上、警察官の制止を無視して逃走。同8月には隊内で飲酒した。また、2人はともに未成年だった同7~10月に喫煙を繰り返し、同10月には女性隊員の浴室を盗撮。上官の再三の指導にも従わなかった。

 

 

 

 

 

 

 

女子高生のスカート内を盗撮したとして、大阪府警曽根崎署は22日、兵庫県加古川市立別府中教諭の男(23)(兵庫県高砂市)を府迷惑防止条例違反(卑わいな行為)容疑で逮捕した。容疑を認めているという。

 発表では、男は21日昼、大阪市北区の商業施設で買い物中だった女子高生に近づき、ショルダーバッグに隠した小型カメラでスカート内を動画撮影した疑い。

 目撃した別の男性客が店員に男を引き渡し、店側が同署に通報した。カメラにはスカート内を撮影した動画が残されていたという。

 加古川市教委によると、男は今春に採用され、数学を担当していた。

 

 

 

 

 

名古屋市は25日、交通局の男性職員(49)を停職6か月の懲戒処分とした。

 発表によると、男性職員は5月19日午後5時35分頃、JR名古屋駅の地下街で、カバンに小型カメラを隠し、エスカレーターで女性のスカートの中を盗撮した。中村署が県迷惑行為防止条例違反容疑で書類送検し、8月25日に名古屋簡裁が罰金50万円の略式命令を出した。

 市の聞き取りに対し、男性職員は「おおむね週1回盗撮した」と話しているという。

 

 

 

 

 

 

元教え子の少女にみだらな行為をした疑いで逮捕された香川県の公立中学校の男性教諭(28)を、高松地検丸亀支部は不起訴処分にしました。

教諭は今年4月中旬、丸亀市の自宅で元教え子の17歳の少女にみだらな行為をしたとして、11月10日に逮捕されていました。
高松地検は不起訴の理由について、「捜査の結果」として詳細を明らかにしていません。

 

 

 

 

 

 

 

兵庫県教育委員会は24日、18歳未満の少女にわいせつな行為を教えたとして、姫路市立中学校の男性教諭(23)を懲戒免職処分としたと発表した。教諭は今年7~8月、交際していた少女にLINEでわいせつな行為を教えたとされる。 教諭は10月13日、県青少年愛護条例違反の疑いで県警宝塚署に逮捕された。罰金60万円の略式命令を受け、既に全額納付したという。  また、県教委は川西市立小学校の男性校長(56)は特定の保護者に送るべき連絡メールを全児童229人の保護者に誤送信した

 

 

 

 

 

 

 

 

13歳未満の少女に暴行したとして、石川県教育委員会は19日、加賀市内の中学校の教諭を懲戒免職処分にしました。  処分を受けたのは加賀市立山中中学教諭(34)です。 被告は10月、県内の宿泊施設で13歳未満の少女に暴行を加えた強制性交等の疑いで逮捕され、11月4日に起訴されています。 被告は県教育委員会の聞き取り調査に対して「とんでもないことをしてしまった。申し訳なく思っている」と話しているということです。

 

 

 

 

 

 

県教育委員会は19日、教職員2人の懲戒処分を発表した。うるま市立与勝第二中学校の事務主事の男性(27)は8月に沖縄市内のホテルで、SNSを通して知り合った県内の女子中学生(14)とみだらな行為をしたとして、懲戒免職となった。男性は県青少年保護育成条例違反の疑いで10月に逮捕され、30万円の罰金刑を受けた。  市町村立学校の男性教諭は10月、複数人が参加するプライベートの会合の席で女性教職員を着衣の上から体を触ったほか、会合終了後にSNSで卑猥(ひわい)な内容のメッセージを送るセクハラ行為が確認されたとして、停職6カ月となった。  金城弘昌県教育長は「教育に携わる教職員としてあるまじき行為であり、被害に遭った方をはじめ、県民に深くおわびする」とのコメントを出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Focus那覇市立中学校で、部活動の副顧問をしていた40代男性教諭からわいせつ行為を受けた当時3年生の女子生徒(15)が、高校進学後の2014年12月29日に自殺していたことが25日までに分かった。

市教委によると、わいせつ行為が発覚したのは13年11月14日。教諭が高校入試対策で開いた勉強会に1人で来ていた生徒にキスをした。

事情を聞いた生徒の友人の話から同日中に学校側も事案を把握し市教委に報告した。翌日、校長らが生徒の自宅を訪れ謝罪した。

学校が実施した事情聴取では、教諭が生徒を膝に乗せて後ろから抱きついたり、スカートの中に手を入れたりする行為が数カ月にわたり繰り返されていたことが発覚。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栃木・那須塩原市の小学校教師が教室にスマートフォンを設置し、児童の下着を盗撮した疑いで逮捕された。

那須塩原市の小学校教師の容疑者(26)は24日、教室内にスマートフォンを設置し、複数の児童の下着などを撮影した疑いが持たれている。

容疑者は「撮影したが、盗撮目的ではない」と容疑を否認している。

 

 

 

 

 

 

京都府警北署の20代男性巡査が酒に酔って面識のない女性を殴ったとされる事件で、京都府警は26日、暴行の疑いで巡査を書類送検し、戒告の懲戒処分にした。

巡査は「酒に酔っていて、はっきりと覚えていない。大変申し訳ないことをした」と話しているという。

書類送検容疑は9月20日午後11時半ごろ、京都市中京区の木屋町地域を歩いていた際、2人組の女性と肩が触れてトラブルになり、うち30代女性の顔を1回殴った疑い。

 

 

 

 

 

 

 

ボランティア活動を不正に申告し、大阪府羽曳野市や学生から謝礼金をだまし取っていたとして元教頭の男性が25日、懲戒免職となりました。

大阪府教育庁によりますと、懲戒免職の処分を受けたのは、羽曳野市立中学校の男性教師(49)です。

男性教師は市立小学校の教頭を務めていた2014年4月から2018年3月までの4年間、小学校のボランティア活動に参加した学生の人数を実際よりも多く申告し、

羽曳野市が参加者1人につき1500円支払う謝礼金を合計115万5000円多く請求していました。

謝礼金はボランティアに参加した学生の口座に振り込まれていましたが、男性教師は「学校の経費が誤って振り込まれている」

などとうそをつき口座から現金を引き出させ、受け取っていたということです。

学生から受け取った金は約105万9000円にのぼり、男性教師は職員の歓送迎会や同僚に食事をおごる際に使っていました

また、枚方市立中学校の男性教師(50)は去年11月、男子生徒の骨折している腕を握り続けたり、足を払って床に転倒させ、その上に馬乗りになったりしていました。

男子生徒は肩や腕を打撲するなど、全治1週間のけがをしたということです。男性教師は体罰の経緯について

「男子生徒がトラブルを起こしそうだったので引き留めようと思い肩をつかんだところ、男子生徒に叩かれたので腕を握るなどの行為をした」と説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静岡県警富士宮署は18日、静岡県南部町の元町議で自動車輸送業の容疑者(62)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で逮捕した。

富士宮署などによると、容疑者は町議だった昨年12月下旬、静岡県東部のホテルで、同県内に住む当時14歳の女子中学生が18歳未満と知りながら、

現金を支払う約束をしてわいせつな行為をした疑い。

南部町によると、容疑者は2008年の町議選で初当選し、16年に2度目の当選を果たした。今年9月に「一身上の都合」を理由に辞職していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Focus

勤務先の小学校の女子トイレに侵入したとして、埼玉県警が男性教諭を24日に建造物侵入容疑で逮捕していたことがわかった。

男性教諭は調べに「盗撮しようと思い侵入した」としている一方、「カメラは回収して処分した」と供述しているという。

捜査関係者によると、逮捕されたのは、埼玉県所沢市立並木小の男性教諭(33)で、13日に正当な理由がないのに、同小の女子トイレに侵入した疑いが持たれている。

24日に校長に「私がやりました」と伝えたことから、校長らと所沢署に出頭し、逮捕された。

市教委などによると、同小で13日午後1時20分頃、女子児童が女子トイレの個室にあった小型カメラのような不審物を発見し、教員に届け出た。

不審物は職員室で保管されていたが、通報を受けた所沢署員が到着した同日午後4時頃にはなくなっていたという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静岡県富士宮市は27日、女子中学生を買春したとして罰金命令を受けた市民生活課の主事(33)を懲戒免職処分とした。

市によると、主事は昨年10月、静岡市内のホテルで当時15歳の女子中学生が18歳未満と知りながら買春。

富士宮市は地方公務員法の信用失墜行為に当たるとして懲戒処分とした。

 

 

 

 

 

 

 

Focus

電車内で女子中学生に体液をかけたとして暴行容疑で逮捕された元神奈川県伊勢原市立小学校教頭の男(59)が、

1年以上前にも電車内で下半身を女子高校生に擦り付けていた疑いがあることが28日、捜査関係者への取材でわかった。

捜査関係者によると、男は昨年7月22日午後、小田急線上り快速急行大和―中央林間の車内で、女子高校生の体に下半身を擦り付け、スカートに体液をかけた疑い。

県警は9日、今年9月に小田急線の車内で女子中学生に体液をかけたとして、男を暴行容疑で逮捕。その後、現場の遺留物などから昨年の事件への関与が浮上した。

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡県警は27日、売春防止法違反(場所提供)の疑いで逮捕した同県警小倉北署会計課職員の男(44)が、

3年前から数十回にわたって売春場所を提供していたと発表した。県警は同日、懲戒免職処分とした。

発表によると、職員の男は、福岡市内のホテルで3月、当時17歳の女子高生が男性客2人を相手に売春することを知りながら、

部屋を提供したとして逮捕された。その後の調べで、2017年9月以降、SNSで不特定多数の男女を集め、ホテルの部屋でわいせつな行為をする会を数十回開いていたことがわかった。

職員の男は男性から1人あたり数万円の参加費を徴収。半分を参加した女性に渡し、残りは一緒に会を開催した知人の男(40歳代)に渡したり、自分で受け取っていたりした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡県教委は27日、インターネットで知り合った当時16歳の少女にみだらな行為をしたとして、粕屋町内の小学校の男性教諭(33)を懲戒免職とした。

県教委によると、男性教諭は3月、福岡市内のインターネットカフェの個室で18歳未満と知りながら少女に現金1万円を渡し、

みだらな行為をしたという。県警の少女に対する捜査の過程で発覚し、9月に児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で書類送検され、

県教委の聞き取りに「パパ活への興味本位でやった

 

 

 

 

 

 

新潟市西区の駅で女子高校生のスカートの中をスマホで盗撮したとして30日、新潟県の県立高校教員の男が逮捕されました。

新潟県迷惑行為等防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、新潟市西区に住む県立高校の教員(46歳)です。

警察によりますと菅井容疑者は30日午後2時半ころ、JR新潟大学前駅構内の階段で、前を歩いていた女子高生のスカートの中をスマートフォンのカメラで盗撮した疑いが持たれています。

近くにいた男性が犯行を目撃して声をかけたところ逃走しましたが、

男性が追いかけて容疑者を取り押さえ、被害にあった女子高校生が警察に通報しました。

 

 

 

 

 

 

 

勤務時間中に同僚の複数の女性教諭らを盗撮したとして、川崎市教育委員会は30日、市立小学校の男性総括教諭(54)を懲戒免職処分にした。

市教委によると、教諭は8月上旬、児童の個別指導をしていた女性教員の胸元や全身を自身のスマートフォンで盗撮した

6月上旬にも補習指導に当たっていた別の女性教員を盗撮するなど、昨年度からの2年間で同校の女性教員4人に対して少なくとも10回の盗撮を繰り返したという。

教諭は担任を持たない教務主任で、校内で校長、副校長に次ぐ地位。個別指導の教室などを巡回中、

録画機能を立ち上げたスマートフォンを服の胸ポケットに入れるなどして盗撮していた。

市教委の調査に「性的欲求で盗撮したところ、うまくいったので、何度もしてしまった」などと説明しているという。

 

 

 

 

 

 

 

 

神戸市内を走行中の電車内で女子高校生の下半身などを触ったとして、兵庫県神戸市の小学校の教諭の男が逮捕されました。

県の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、神戸市立御影小学校の教諭の男(24)です。

男は2020年9月、阪神電鉄の神戸三宮駅から御影駅を走行中の直通特急の電車内で16歳の女子高校生の下半身などを触った疑いが持たれています。

男は2020年4月から御影小学校で勤務し出勤途中だったということです。

警察に調べに対し男は容疑を認め、「電車の女子学生を狙い10回位やった

 

 

 

 

 

 

 

Focus

公園の多目的トイレで、小学生の女の子にわいせつな行為をしたなどとして、元高校教師の32歳の男が、警視庁に逮捕されました。

元高校教師の容疑者は、先月、葛飾区の公園の多目的トイレに小学生の女の子を連れ込み、わいせつな行為をした疑いなどがもたれています。

容疑者は、犯行直前に公園にとめていた女の子の自転車の鍵をあらかじめ隠した上で、鍵を探す女の子に、「トイレでカギを見つけた」と声をかけて、

多目的トイレに連れ込んだということです。 自力で逃げ出した女の子が、母親に被害を訴えて発覚した。

容疑者は、女子児童への同様の強制わいせつ事件で、去年、逮捕・起訴されていました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国の持続化給付金を騙し取ったとして逮捕された東京国税局の男が、ほかにも100件以上の不正な申請に関与していたとみられることが、捜査関係者への取材でわかりました。

東京国税局甲府税務署の容疑者(26)は、すでに逮捕・起訴されている愛知大学の学生らとともに受給資格がないにもかかわらず、

ウソの確定申告書などを作り、持続化給付金100万円を騙し取った疑いで逮捕され、3日朝送検されました。

警察は容疑者の認否を明らかにしていませんが、自宅で押収した資料から、ほかにも100件以上の不正な申請に関与していたとみられることが、捜査関係者への取材で新たにわかりました。

 

 

 

 

 

 

神奈川県相模原市教育委員会は16日、スーパーで万引をしたとして、警視庁に窃盗容疑で書類送検された市立小の男性教諭(50)を停職6カ月の懲戒処分とした。教諭は同日付で依願退職した。  教職員人事課によると、教諭は10月24日午後7時ごろ、東京都多摩市内のスーパーで、弁当1個とおにぎり2個をかばんに入れて店外に出たところ、多摩中央署員に呼び止められた。
教諭は相模原市南区の市立小に勤務していたが、管理職への報告を怠ったまま仕事を続けていた。同日に署から学校に連絡があり発覚。
市教委の聴取に「購入しようとしたが、レジの列に並ぶことが面倒だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉県教育委員会は16日、動画投稿アプリで知り合った埼玉県の男子中学生にわいせつな行為をしたとして、強制性交の容疑で警視庁が再逮捕するなどし、
その後起訴された千葉県松戸市立稔台小学校講師(29)を懲戒免職処分にしたと発表した。

 

 

 

 

 

 

 

ールで泳ぎながら女性の尻を触る痴漢行為を繰り返したとして、福岡市は25日、ICT戦略室の男性係員(38)を同日付で懲戒免職にした
市人事課によると、係員は11月26日午後6時半ごろ、市内のプールで、泳ぎながら女児の尻を触る痴漢行為をしたという。市が情報提供を受けて事情を聴くと、係員は痴漢行為を認めた。
係員は昨年4月頃からプールに週2回通い、隣のレーンのコースロープ際に立つインストラクターや女児ら計10人以上の女性に対し、クロールで泳ぎながら偶然を装って尻を触る痴漢行為を繰り返した、と言っているという。「欲求に勝てなかった。被害者に申し訳ない」などと話し、県警からも任意の事情聴取を受けたという。  また、市は25日、別の道路下水道局の男性係員(29)を、6月に自宅のパソコンを使って児童ポルノ動画を不特定多数が閲覧できる状態にしたとして、停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した

 

 

 

 

 

 

 

新潟県警は25日、刑事部の警部補の男(32)を県迷惑行為等防止条例違反(盗撮)の疑いで新潟地検に書類送検し、停職6か月の懲戒処分とした。警部補は依願退職した。  発表によると、警部補は8月30日夜、新潟市のホテルで、ショルダーバッグの中にスマートフォンを隠し、部屋に呼んだ女性の裸を撮影しようとした

 

 

 

 

 

 

 

18歳未満と知りながら女子高生とみだらな行為を繰り返した福島県立会津工業高校の27歳の実習講師が懲戒免職処分になった。 福島県教育委員会によりますと、この実習講師は去年7月から今年8月までの間に会津若松市の自宅アパートで18歳未満と知りながら女子高校生とみだらな行為を繰り返していた。 また同僚だった23歳の元講師も、ことし8月と9月に同じ女子高生に対して同様の行為を行っていた。 しかし、9月末で任期が終了し懲戒処分の対象とならないため、免職処分相当と認定した。

 

 

 

 

 

 

 

18歳未満の少女と性行為をしたとして青森県青少年健全育成条例違反に問われた岩手県二戸市堀野、行政書士(76)被告は「間違いありません」と起訴事実を認めた。  起訴状などによると、小笠原被告は3月23日午前、青森県八戸市内のホテルで、少女(当時16歳)が18歳未満であると知りながらみだらな行為をしたとされる。犯行後、少女に2000円を渡していた。少女にはその後もみだらな行為を5、6回繰り返し、「お小遣い」を渡していたという。

 

 

 

 

 

 

 

大阪府教育庁は25日、部活動指導に支給される手当を不正受給した府立高校の男性教諭(34)を停職6か月の懲戒処分にした。教諭は同日付で依願退職した。  発表では、教諭は2015年5月~19年8月、顧問を務めるサッカー部の生徒を架空の対外試合に引率したとの虚偽申請を繰り返し、休日指導の手当や旅費計約53万円を不正受給した。  このほか、通勤手当などを不正受給した20~30歳代の府立高校教員3人を減給の懲戒処分にした。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です