アマゾンフレックス が最近大変すぎ・・・【AIルート】【2021年2月】

 

 

 

アマゾンフレックス

 

今年、去年の年末に入ってからアマゾンフレックス はかなり変わりました。

それまでは、全くオファーが取れないような状態でしたが、ブラックフライデーから年末にかけて荷量が爆発的に増えます。

 

そして今年2021年

流石に落ち着くだろうと思いきや、年末と同じぐらい荷物を持たされる現状が続いています。

 

 

 

あまりにも荷物が多い・無理な配送が多いため、

多数のベテランドライバーは、アマゾンフレックスをやめて違う仕事に移っています。

 

他の宅配業者やフードデリバリーなんかですね。

 

 

 

 

※アマゾンフレックスなどのフリーランスによる仕事は最適化が大事です。

アマゾンフレックスで無理をするよりも、フードデリバリーで無理せず稼げるならばそっちに行くのは当然の事です。

 

 

 

 

そんなSNSの投稿を見た、アマゾンフレックスを始めようとしている人も、本当に大丈夫なのかな?と疑心暗鬼になって違う仕事を探し始める。

 

負のスパイラルに陥りそうな状況です。

 

 

しかし、天下のアマゾンがなぜこんなにも酷い労働環境になっているのか?

少し探っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

AI問題

 

アマゾンはあらゆる業務をAIに頼っています。

 

 

・必要なドライバーの人数

・ルート管理

・過去の配達実績

・可能配達個数

 

など

 

 

問題とされているのが可能配達個数です。

 

簡単に説明しますと

 

同じエリアで6時間のコース50個を未配なく配達

同じエリアで6時間のコース70個を未配なく配達

同じエリアで6時間のコース80個を未配なく配達

同じエリアで6時間のコース90個を未配なく配達

同じエリアで6時間のコース70個を未配なく配達

同じエリアで6時間のコース80個を未配なく配達

同じエリアで6時間のコース100個を未配なく配達

同じエリアで6時間のコース100個を未配5個で配達

同じエリアで6時間のコース100個を未配なく配達

 

 

こうやってAIは、同じエリアで配れた個数・未配になった個数を計算し続けます。

配れる限界値を常に探している状況です。

 

 

 

Focus

仮に、

・そのエリアまで高速で行って時間短縮して未配なく配れた。

・置き配が多かったので、100個未配なく配れた。

・日曜日なので車が少なく、スムーズに配れた。

・シートベルトをする時間がもったいないから、誤魔化して未配なく配れた。

・交通ルールはわかっているが、それを守っていたら配りきれないから違反して未配なく配れた。

 

 

 

こういった条件も計算して限界値を計算し直します。

そうすると、ドンドン限界値が上がっていきます。

 

 

 

最終的に今のような、明らかに無理をしないと配達仕切れないというような状況が完成する。

 

 

 

 

 

アマゾンの問題

未配や時間指定の遅延は

ペナルティーを課せられる。

アカウントが使えなくなり、仕事ができなくなる。

そうすると、人間の心理上、無理してでも配らなければいけないという状況に追い詰められます。

それで事故や違反が起きるのはいってみれば当然の結果だと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

どうやらアマゾンフレックス のAIは時間指定を認識していない問題

 

 

時間指定というのは、ご存知の通りその日の決められた時間内に配達しなければいけないというものです

 

8時から12時

12時から14時

14時から16時

16時から18時

18時から20時

19時から21時

 

こんな具合です。

 

配達するドライバーにとって、これが非常に大変です。

 

要は時間指定に間に合わなければペナルティーになる。

そうすると今配達しているエリアから違うエリアに移動しなければいけません。

その移動時間、まだ今いる地点での配達が残っている、時間指定が後に残っているなど

考えて動かなければいけません。

 

一件でも見過ごすとかなりに時間ロスになり間に合わなくなります

 

しかし、アマゾンのAIは時間指定を考慮していないんじゃないのかという事が噂になります。

 

 

 

理由は

・明らかに物理的に間に合わない時間指定

・AIルートがメチャクチャ

 

 

 

           

 

 

 

 

 

・明らかに物理的に間に合わない時間指定

 

配達を何回かやっているとなんとなくわかってきます。

時間指定が16時から20時で

・ココとココとココと・・・・6個。

・でも距離が近ければ・・・・・全部離れている。

はい無理です。

どう頑張っても物理的に無理です。

仮に無理してやっても、時間指定ばかりを追いかけることになって、全く荷物が掃けません。

 

 

 

・AIルートがメチャクチャ

 

最初にステーションに行くと、荷物をスキャンします。

スキャンした荷物をルート化したのがAIルートです。

 

しかし、このAIルートメチャクチャなルートを提供することで有名です。

おまけに早い時間の時間指定が最後の方にあるという始末。

完全に見落としてしまいますし、間に合うわけもありません。

 

 

 

どうやら時間指定を考慮しないで組んでいるというのは、本当のようです。

先ほども書きましたが、時間指定を優先して配達していると、今いる近くに配送先があるのに、時間指定が詰まっているからまた後から回らなければいけないという状況に陥ります。

それでは無駄が多すぎていつまでたっても荷物が減りません。

 

時間指定を踏まえずに、個数を決めているようならば、周りきれる訳がないのです。

 

 

 

 

           

 

 

 

個人宅配でリース・レンタルはやめとけ【アマゾンフレックス】【 ピックゴー】【ウーバーイーツ】

個人宅配でリース・レンタルはやめとけ【アマゾンフレックス】【 ピックゴー】【ウーバーイーツ】

 

 

 

過剰なノルマを強いられると、人は離れていきます。

ドライバーだけでなく、お客さんにも知れ渡り、売り上げも下がっていきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾンは非常にいい会社です。

素晴らしいです。

それは誰もが認めるところでしょう。

 

 

今後のアマゾンフレックスに私は期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です