【出会いの消滅】出会いというのは、偶然だから意味がある

 

 

 

 

Focus

2020年に婚姻数 52万5490件 戦後最少  前年比12.3%減

 

2020年の離婚数 19万3253組

 

特殊離婚率は36.7%

 

 

 

 

 

86万人ショック・・・2019年に過去最少の出生数を更新||政府予想よりも2年早い数値

 

その中で次はコロナでより追い討ちをかけることになるとは・・・・。

 

2020年の出生数===84万835人

 

(もしかしたら2019年だけ予想よりも悪かったというのはなくなりました。)

 

そして、今年2021年・・・・子供を産むには受精して10ヶ月かかります。

 

コロナが騒ぎ出されたのが2020年2月ごろ

 

そこから10ヶ月ですと2021年1月となります。

 

つまり、コロナでの出生数の変化、激減するのは今年の数値ということになります。

 

 

今年の上半期速報が出ました。

 

2021年上半期の出生数<==40万5029人

 

2020年の上半期よりも6%減少

日本在住のすべての人が対象になりますので、日本人だけの数値ですとさらに少なくなる

80万人割れも考えらる数値になってきた。

 

 

 

孤独な老後

【孤独な老後】定年後なにをしたらいいのかわからない|大変なのはこれから

 

 

 

この流れが当分続くとどうなるか?

 

 

当然子供が生まれなければ、将来生まれる数も少なくなる

 

 

今の20歳2001年の出生数は、1.170.662人

 

30歳===1991年の出生数は、1.223.245人

 

40歳===1981年の出生数は、1.529.455人

 

 

 

単純に計算すると新しく生まれてくる子供達は今の30歳に比べて、同級生40万人分も出会いが消滅する

 

 

出会いの消滅

ライバルの低下

スポーツ記録の低下

天才が生まれる確率が減少

 

 

 

 

 

 

コロナの影響で、今後さらに出会いは消滅していく


 

 

・常にマスクで顔がわからない

・人との接触は危険

・外に出てはいけない

・フェスなんて行く人間は徹底的に叩かれる

 

 

 

顔の半分は表情がわからないわけです。

女性に限っては目元がみんな同じようなメイク・カラコン・マツエクしているから、みんな同じ顔に見える。

 

 

同じ顔をということはみんな同じ

<==差別化しにくい・どんな人物なのかわからない

<==まあやめておこうか

<==出会いの消滅

 

 

 

 

ZOOMやネットやゲームで会話すればいいじゃん


 

そんなことも言われます。

しかし、この出会いというのは本当に不思議で、好きになるというのはさらに稀。

その場の空気や精神状況、場所、全身、雰囲気、テンションなんかが影響してきます。

 

 

 

例えば、

 

・仕事場でたまたま付き添いできた業者の人

 

・居酒屋でたまたま席が隣同士になった同世代の人

 

・そこからまた友達を呼んで、席が隣同士だった人に呼び出されて来たさらに知らない人

 

・たまたま旅行先で話しかけられた人

 

・たまたま家が近くでコンビニやスーパーなんか出会う近所の人

 

 

このたまたま・偶然を人は運命と呼ぶ

 

 

 

これがネットの世界だとどうでしょうか?

 

ZOOMでたまたま近所の人が出てくるでしょうか?

 

友達とネットで飲んでいて、知らない人が一緒に飲もうと言ってくるでしょうか?

 

 

ネットの世界では、そう言ったたまたま偶然ということが起こりづらい

 

画面以上の情報はわからない

 

 

確かに、不特定多数の人と関われますがネットの初めましての場合、非常にぎこちなくなる

 

会話が続かない

 

その人の情報が掴みづらい

 

なんか疲れる

 

気まずい

 

 

 

 

これは、そこの場の空気を共有していないからです。

 

居酒屋やBARになんでいくのか?


 

単に食事やお酒を楽しむためではありません。

 

その場に酔うことで、自分を解放することができる

 

居酒屋でも大衆居酒屋からちょっと洒落たBal 完全個室の居酒屋などいろんなバリエーションがあります。

 

騒ぎたい、テンションを上げたい場合はうるさい店でガンガン飲むでしょうし、話がしたい場合は小洒落た店にいく

 

 

BARでもそうです。

コンビニで缶チュウハイが100円で買えるのに、なんでわざわざBARやラウンジに行って、1杯1500円のカクテルを飲むのか?

 

 

 

 

 

 

 

お酒を飲まない若者達|出会いを軽く見る若者達

 

今では、上司と居酒屋に行くなんていうこともNGになっている

 

代わりに自分の時間が欲しいという若者達

 

その時間何をするかといえば、SNSゲームなどのソーシャルな遊びになります。

 

 

 

 

 

出会いというのは、偶然だから意味がある

 

 

そのソーシャルな世界は自分中心です。

自分でなんでも決められる

 

フォロワーもゲームのリセットも何をやるかも。

やりたくなければやらないし、ムカつく奴がいれば簡単に縁を切れる。

 

どんどん自分中心の考えになっていく

 

これがますます、過渡化していくと、婚姻数はさらに下がっていくことでしょう。

 

自分の理想の人なんて現れるはずがない

 

ましてやネットの世界。SNSなんか簡単に嘘がつけます。

 

ソーシャルな世界は自分の好きなように選ぶことができる

<<===自分の理想の人物を探す

<<===実際に会ったら、思った人と違う

<<===より、自分の理想を絞り込んでいく

<<====思った人と違う

<<===これの繰り返しでどんどん自分の理想を高くしていってしまう

 

最終的に年だけとってしまい、誰も周り(リアルの世界)に人がいない状態に

 

今まで人との接触をネットに依存していたため、極度のコミュ障になる確率は上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です