2段階店舗経営の実力とは?

2段階店舗経営の実力

 

 

ソフトバンクとYmobile

ユニクロとGU

洋服の青山とTHE SUIT COMPANY

AOKIとORIHIKA

 

どちらも同じ会社が運営している

メインブランドとサブブレンドとも言えます。

 

 

 

 

なぜ同じグループの会社で同じ業種の会社を作るのか?

 

例えばユニクロとGU

今や日本を代表する企業 ファーストリテイリング

柳井正氏は一代でユニクロという馬鹿でかい企業を作ってしまいました。

 

もともとUNIQLOはファストブランドとして登場しました。

お値打ちな価格と品揃え、カラーで一気に全国に店舗を出店。

 

最初の頃は品質的にはそこまで良いとは言えず、

安いから仕方がないか。と思っていました。

 

しかし、いつの間にか・・・・・・・・・・・・

このエアーリズムはいつ買ったんだっけ?と思うようになります。

 

 

エアーリズム

「エアリズム」の画像検索結果

 

 

気づいたら毎日きているエアーリズムが2年間も着ていることに気づきます。

 

他の商品も全く伸びたり破れたりしていない。

品質、画期的な新商品(エアーリズム、ヒートテッけ、ウルトラダウン)。

まさに、成長するべくして成長していった企業。

 

そんなユニクロに新しくGUという姉妹店ができました。

ユニクロより安く、若者向けの広告でイメージをアピールしています。

 

でも待てよ。

ユニクロ自体、安くないですか?

値段もユニクロより1割、2割安いくらい。

なぜ、2段階で店舗を作らなければいけなかったのか?

 

 

 

・海外ブランド企業(H&M、FOREVER21,ZARA,アメリカンイーグル)等の日本上陸

・ユニクロより安い企業(しまむら、ネットショップ)にシェアを取られるよりは、

ユニクロの値段を下げるより姉妹店を作った方が有効的。

・GUを作ることによってユニクロのイメージをアップできる。

少し高い値段設定にしてもユニクロだから安心というイメージが付けれる。

 

 

他の2段階経営企業も同じような感じだと思われます。

 

ソフトバンクグループに関しては大当たりしているようです。

 

 

高くても最新のiPHONEが欲しければソフトバンクに

 

少々古い機種でも安い方(格安SIM)がよければY!MOBILEに

 

見事にこの戦略があたりどちらのシェアも掴んでいます。

 

格安SIMのシェアは4割は Y!MOBILE だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

他にも

リスクを分散する意味

不祥事

不正

急激なブランド価値の低下

景気の変化による購買層の変化

が考えられます。

 

 

 

 

どうしたらいいの?


 

 

 

今後どんどん記事を書いていく予定です。

記事を書くには時間がかかります。

もし、知りたいことがございましたらご気軽に

お問い合わせください。

全力でお答えします!!!

New Style Generation

Financialplanner     SHINGO

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です