【軽貨物】アマフレ・ウーバー全く違うことに気づく|2021/6

 

 

 

 

 

 

2021年6月

 

アマゾンプライムデーは大盛況に終わり過去最大の売り上げを記録したそうです。

 

微力ながら、携われたことを嬉しく思います。

 

そこで思いました。

 

ウーバーを全然やっていない。

 

やっていないと言うかやろうと思わないことに気づく。

 

 

 

・アマゾンフレックス

・ウーバー

 

 

どちらも、同じ軽貨物で配達する仕事です・

お客さんに商品・食品を届ける仕事です。

 

 

なぜやらなくなったのか?

詳しく書いていきたいと思います。

 

 

 

 

ウーバーとアマゾンの違い【お客さんの違い】

 

 

これは少し語弊があるかもしれませんが、、、、

ウーバーのお客さんとアマゾンのお客さん。

ちょっと違うことを気付かされます。もちろんウーバーもAmazonも使う人も大勢いると思いますが、

接し方の違いが結構大きいです。

 

 

 

 

まずウーバー


 

配達先の90%はマンション・アパートなんかの都市の中心地になります。

ファミリー層向けのマンションではなく、人暮らしか2人暮らしぐらいの、

ちょっとオシャレな構えのワンルーム・1K・コーポ的なマンション・アパートが多いです。

 

オートロックの確率も90%以上

 

年齢もだいたい20代から30代ぐらい

 

 

一方のAmazon。アマゾンの場合、都市全域です。

全ての区や町や市を網羅します。

 

宅配先もエリアによって違います。

住宅街でしたら1軒家が多いですし、

中心地に行けばマンションが多くなります。

 

年齢層も本当にそれぞれ。

家族の方が出る場合もありますし、いまでは置き配も多いです。

 

 

 

 

そこで気づいこと、

 

ウーバーのお客さんは、失礼ながら態度があまりよろしくない。

 

 

ウーバーやっていた頃は、こんなことが多々ありました。

 

・インターホンを鳴らしたら、無言でドアが開く。

・無言で何も言わず、商品をドアから奪い取る。

・置き配指定ではないかったのでチャイムを鳴らせば『あ〜置いといて

・何か商品がたらなかったのか、電話に出るなり怒鳴り散らす人 ==> 結果的にそれは店側のミスであることを説明すると『あ〜じゃあ店に電話すればいいんだな、ガチャ。』

 

 

 

 

アマゾンの場合


 

マンションから一軒家。

郊外から高級住宅地まで様々です。

最近は置き配も多いですが、基本的に手渡しする時、

アマゾンの場合は、『ご苦労様』『ありがとう』という言葉をいただくことが多いです。

 

 

 

なぜ、そんなにも違うのか?


 

アマゾンで注文する人でも、そう言った態度がよろしくない人もいるでしょうが、

そう言った人はインターホンを鳴らしてもまず出ない。

そうです。ウーバーのようなすぐに食べなければいけないから、オートロックを解除しているだけ

 

じゃあいつもどうしているのかと言うと、そう言ったお客さんの場合は宅配ボックスです。

だから、印象的にアマゾンのお客さんの方が良くなる。

 

態度が悪い人にも、全て対応しなければいけないのが大きな違いですね。

 

 

 

 

 

ウーバーとアマゾンの違い【暇な時間が必ずできる】

 

 

 

ウーバーの場合は、時間が空くことが多々あります。

それは、

お客さんが注文して、自分にマッチングしなければ報酬は増えないからです。

配達員が多くいれば、その分自分にマッチングする確率は減り、ヒートマップも出なくなります。

 

この時間が少し空く感じがなかなかしんどい。

集中力が途切れてしまうからです。

 

 

 

アマゾンフレックスの場合、報酬は事前に決められています。

最初に渡された荷物を配りきれば、そこで任務終了。

最初に提示された金額の満額をもらうことができます。

ですから、暇な時間というのはなかなか生まれにくいです。

時間指定を残すのみの状態であっても、その時間指定までの残り時間は予測できます。

その時間に食事をすることも。買い物することもできます。

ウーバーは、いつ鳴るかわかりません。

 

 

 

 

 

 

ウーバーとアマゾンの違い【料金の不明確さ】

 

 

 

・よくわからないウーバー大幅アップデートでやる気をなくす

 

 

 

 

・よくわからない遠いところのオーダー

 

なぜかウーバーをやっていると、訳のわからない遠くのオーダーがなることがあります。

 

7キロ先の店に取りにいくなど

 

配達員がいないのか?

マッチングミスなのかわかりませんが、料金もイマイチだったりします。

 

 

なんだ?ウーバードライバー少ないのか?【軽貨物でUber名古屋】今がチャンスかも!? 2021/5

 

 

 

 

 

ウーバーとアマゾンの違い【配送の仕方】

 

 

ウーバーの場合は、決められたパターンしかありません。

 

 

それは、お店に取りに行く。
===>
お客さんの住所のところまで持って行く。
===>
次のオファーを獲得する

 

 

これの繰り返しです。

 

 

 

 

 

アマゾンの場合


 

 

ステーションで今日配る1日分の荷物を渡される。
===>
それを時間内に配り切る。
===>
配達ルートは自分で決めることができる

 

 

 

ウーバーの場合は1ルートの繰り返しですが

アマゾンの場合は、自分でどうやって配達すれば効率がいいか。

頭を使うことで配達スピードに差が大きく出ます。

 

 

 

例えば・時間指定や車の止めにくそうな場所は帰宅時間(混む時間)をずらして後回し、取りえず時間指定のないエリアを配り切る

 

・中心地のマンションなんかは、ワンルームなんかが多く、在宅率も低い。宅配ボックスも埋まっている場合が多い。最終の時間に回った方が配完しやすいかな〜。

 

・ステーションから遠いところで置き配不可。ん〜いなかったらまた行かな行かんからな〜。後から行こう。

 

・エリアごとに攻めて行く

 

 

 

 

 

なんてことを考えながら、いかに効率よく回っていけるかを考えながら進めていくことが可能です。

これが、なかなか頭を使います。

 

 

 

 

           
 

 

 

 

何もウーバーが悪いと言うわけではない

 

 

去年から軽貨物で配達していますが、去年はウーバーの方が稼働率は多かったです。

 

報酬もそれなりにありました。

 

なぜかと言うと、アマゾンフレックスのオファーが争奪戦になっていたからです。

仕事したくても仕事がなかった状態。

逆にウーバーは、とりあえず何かしら中心地に行けば仕事がある状態。

 

この違いはかなり大きかったです。

 

 

しかし、今のアマゾンは結構いい状況のように思います。

 

オファーの争奪戦はなくなった。

比較的、オファーは取りやすい状況にあると言えます。

 

荷物の量や配達範囲なんかはエリアやステーションによってまだ差があると言えますが・・・・

 

アマゾンフレックス が最近大変すぎ・・・【AIルート】【2021年2月】

 

 

 

アマゾンフレッシュがスタート【名古屋の場合はバロー】

 

アマゾンフレッシュとは、アマゾンがスーパーと提携して、そこのスーパーの商品を自宅まで配送するサービスです。

ウーバーとの違いは、スーパーの商品なんでも配送してくれる

10000円以上で配送料が無料。

細かく時間指定できる。

10000円以下でも配送料390円。

これだけ安いと、スーパーに買い物しにいく理由がなくなります。

 

 

 

 

 

軽貨物があれば、仕事に困ることはなくなる?

 

 

 

アマゾンフレックス 

アマゾンフレッシュ 

ウーバー 

ピックゴー

引越し

個人委託配送 

その他たくさんのフードデリバリーサービス

 

 

あらゆる仕事が軽貨物1台で稼ぐことができます。

素人だろうがプロだろうが関係ない。

好きな時に、好きなだけ働ける。

 

 

 

1つに固執しない仕事の選ぶ方。

特殊なことは特にありません。

宅配だけではなく、プライベートでも使える。

 

軽貨物という選択肢は自由な働き方をしたい人には、最高のものになります。

 

 

           
 

 

個人宅配でリース・レンタルはやめとけ【アマゾンフレックス】【 ピックゴー】【ウーバーイーツ】

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です