これからの職業  スーパーコネクター

 

 

 

 

 

 

 

コネクティングについて

 

 

 

 

 

✅コネクションが多い人。

✅コネクティングが得意な人、そうでない人。

✅常に、誰かいないと嫌だという人。

✅普段は仕事で人とあっているから休みの日は誰とも喋らない人。

✅仕事も休みも全く人と会いたくない人。

 

 

 

 

🤗文字そんな中に常に人に囲まれれいても平気な人。

🤗友達が多い人。

🤗家でも外でも誰かといたい人。

スーパーコネクターと言えるんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

スーパーコネクターとは

 

 

 

 

 

         
 

 

 

 

 

Focus

相手の名前と顔を覚えている。

相手の好きなことを覚えている。

相手の得意なことを覚えている。

 

 

 

 

会社の場合

 

 

その人が

何が好きで何が得意かをみていない。

業務やノルマはみているが、実際いかに会社がうまく回るか?で人を配置する。

 

 

 

スーパーコネクターの場合

 

会社レベルでも個人レベルでも人の才能、特技、趣味

をみている。

ジャンルごとのスーパーコネクターを集める

 

 

 

 

例えば

 

 

Focus

プログラミング、webサイトに強いスーパーコネクター

イベントをやりたい、人を集めたいときに強いスーパーコネクター

海外に行ったときにその国に強いスーパーコネクター

この人に相談すれば必ず誰か紹介してくれるスーパーコネクター

 

 

 

大抵の人は職業と趣味は違いますよね。

人は名刺の役職、部署などをみて判断してしまう。

でも、会社員である以上、部署が変わったり、管理職になったりします。

本当にやりたいのはマーケティングなんだけど会社の都合で経理をやっているとか

あると思います。

でも趣味は違います。

趣味は人に左右されることではありません。

そして、自分が好きなことに対して頼まれると嬉しいですよね。

そこを覚えている人、その人が大事にしているいることを覚えている人。

そういう人がスーパーコネクターという人たちです。

 

 

 

リコネクティングの重要性

 

最近会ってない人、最近話していない人に連絡すること。

同じ会社で仕事をしていたときに、その当時はどうも馬が合わない人がいたとします

でも才能は認めていた。

その人も会社を辞めて数年。

馬があわなっかったわけですから、一生連絡することもないかもしれませんね。

そこで勇気を持ってリコネクティングしてみましょう。

『最近どう?』でもいいですし『実はこんな案件が会ってさー』とか。

すると以外に意気投合してめちゃくちゃ仲良くなることがあります。

 

 

 

 

 

 

それは、お互い才能を認めていた。

時間が嫌な思い出を消してくれた。

同じ職場で毎日会う関係性とたまに会うよそ行きの関係性。

 

 

 

 

 

         

 

 

 

イノベーションが生まれやすくなる

 

 

 

リコネクティングをして違う人たちと繋がったりすると自分たちの

レベルがどのくらいなのかがわかります。

アプローチの仕方や仕事の進め方

働きかた、プログラミングの速さ、

いつも同じような人とつるんでいるとなかなか成長しにくい。そこをリコネクティングすることによて

新しい発見、新しいやり方、誰も考えなかったことが生まれるかもしれません。

人は縄張りを作って、変えられるのを嫌います。

例えば職場に新しい人が入って来たとします。

その人のレベルはわかりません。

普通の人は、年齢、大学、職歴、見た目などで判断します。

自分より下だと判断すると強気に出たり、自分よりすごいと思われると厄介ですね

自分の縄張りを侵略されるんじゃないか?

長年働いてるだけで特に仕事していないことがバレてしまうんじゃないか?

いきなり、仕事のやり方を変えられてしまうんじゃないか?

どこの会社でも、よくわからないしきたりみたいな物があります

こっちのやり方の方が数倍効率がよくなるのに

なぜか変えない。昔からこうだからこうでいいの。

全ての文具はここの店で買うのに、なぜか赤ペンだけは違う店で買う

など

自分の縄張りを変えたくない心理が年を重ねるごとに高くなっていい来ます。

いつも同じ相手に相談するんではなくリコネクティングして全然職業も年齢も国籍も違う人に相談してみる

以外に自分がちっぽけなことで悩んでいたのかと思うこともあります。

これをしない人は多いです。

 

 

 

 

 

仕事のコネクティング

 

 

 

 

 

           

 

 

 

 

会社の経営者は基本的に仕事をするべきではない。

経営者の基本は人脈作り。

他の会社の社長さん、同業種の社長さん、セミナー、パーティー

に出席して情報交換をするのが仕事です。

大体のスタートアップで経営者以外の創業者メンバーが

辞めてしまうのはこのためともいえます。

あいつは仕事もせず、遊んでばかりいる。

毎日昼に来て、自慢ばかりしている。

あいつは、昔の創業した時のあいつじゃない。

多動力、多趣味は悪いことではない。

多趣味はそれだけ人脈が広がる。

思いがけない人も、趣味なら仲良くなれる

肩書きや学歴なんて趣味の世界に関係ないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です