【UberEats】クエストを最大限獲得する方法【ウーバーイーツ】

 

 

 

ウーバーイーツ のドライバーをされている方。

これから始めようと思っている方必見。

 

 

 

 

クエスト

 

 

クエストとは、指定時間内に指定の回数をクリアーするともらえるボーナスポイントです。

 

私は、名古屋でやっていますので名古屋の場合ですと、

 

 

17時30分から22時00分の間に

 

✅4回配達をクリアーすると500円
✅8回クリアーすると1200円
✅12回クリアーすると2400円が加算される感じです。

 

もちろん配達料ももらえます。

 

 

 

 

 

この8回から12回の間で1200円は大きいですよね。

4回で1200円プラスですから。

 

 

 

実際、4時間半あるんだったら12回くらい楽勝だろうと思う方もいると思います。

 

しかし、これがなかなか難しいです。

 

 

 

 

 

 

理由

 

12回のうち3回くらいは、遠くの方に飛ばされます。

 

この遠くに飛ばされる時は大変です。名古屋エリアは、エリア拡大してほぼ全域を網羅している状況ですから、かなり遠くまで飛ばされることもあります。

 

 

 

 

12回中2回くらいは家の近くに配達にいくこともあります。

 

そうすると、家も近いし今日は8回くらいでやめておこうかな。また遠くに飛ばされたら帰ってくるの大変だし。となります。

 

 

 

意外とギリギリな時間になる

 

Uberさんもよく考えています。10回くらい終えたくらいで結構な時間が経過しています(近場ばかりでしたらいいのですが、あまり儲かりません。)ちょっと諦めの気持ちも生まれてきます。11回でタイムオーバーになったら、なんか損した気分になるから・・・・・。だったら今日はこのぐらいでやめておこうかな〜という具合です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Uber】ウーバーイーツ のフリーランス働き方メリット・デメリット【実践中】

 

 

 

 

           

 

 

 

 

 

 

さて、クリアーするにはどうすればいいのか?

 

 

 

 

まずは繁華街に行って、片っ端から配達をクリアーしていくことです。

 

 

 

 

狙いは、マックやケンタッキー、松屋などのファーストフード店。

 

これは、ファストフード店は、各エリアにあるからです。

各エリアに店舗が存在しているので、そこまで遠くまで飛ばされることはありません。

 

逆に、焼肉や韓国料理などのお店は、そこにしかお店が存在していないので、遠くからの注文も入る可能性は高いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の場所から5分以内ならば、配達中でも次の配達を受け付ける。

 

 

忙しい時間帯は、配達中でも結構次の配達が入ります。

 

私の場合、5分以内ならば受けるようにしています。

 

これも人それぞれだと思いますが、私の場合心配性なので・・・・

 

なんらかのアクシデントが起こる可能性があるからです。

 

 

 

 

 

Focus

主な不安要素は

 

✅配達場所が見つかりにくい場合がある。

 

✅ピンの位置がずれている時がある。

この場合、お客さんと連絡をとって結構時間がかかることがあります。

 

✅10分間ルール

不在や場所違いで待たされる場合10分間は、その場で待機しなければいけません。

 

 

 

 

イレギュラーなことが起こると、人は冷静に行動できなくなります。

冷静さを無くしてしまうと、事故に会う可能性も高くなりますし、焦って、運転が荒くなったりもします。

こういったことも起こる可能性があるので、あまり遠くのオーダーは私は控えるようにしています。

 

 

 

 

 

 

最後のポイント

 

 

 

これが結構効いてきます。

先ほど、4時間半の間と書きましたが、正確には違います。

 

5時30分から22時00分の場合・・・・・

 

 

5時30分から22時00分までに、配達を請け負えば良いということがわかりました。

つまりは12回目の注文を21時59分までに受けていればクエストに加算されます。

仮に21時59分に配達を受け付けて22時25分に配達を終了した。。。。

OKです。

12回をクリアーということで、最終的に合計2400円が加算されることになります。

 

 

 

 

 

 

 

8回くらいを終えた時に、時間と体力を考えると12回は無理だと思いがちですが、

22時までにと考えると案外いけそうじゃないですか?

諦めずに、やってみると結構うまくいきます。

1200円は結構デカイですよね。

 

 

 

 

 

           

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です