[Uber Eats]ウーバーイーツ 配達員は現金払いをオンにしておこう

 

 

 

 ウーバーイーツ は現金払いにも対応しておくべき

 

 

 

Point

ウーバーイーツ 配達の問題点

 

ウーバーイーツの配達員をやっていて思うのは

忙しい時間と暇な時間の使い方。

そして微妙な時間の消耗。

これが積もり積もって行くと時間がどんどんなくなっていきます。

これを限りなく少なくすることで効率的でシンプルに

配達することができます。

 

 

 

 

現金払いに対応することで確実に無駄な時間が減ります。

 

私も最初は現金払いに抵抗がありました。

 

小銭を用意しなきゃいけないし

お金の管理もしなきゃいけないし。

いざ、やって見ると

カード払いのお客さんばかりではないことに気付かされます。

それは若いお客さんが多いからです。

学生さんやまだ就職仕立ての方は、カードを持っていない方も案外います。

プラス、今までならほとんど注文がならなかった時間もなるようになりました。

例えば3時から5時の間など。

数は少ないですが確実に注文は増えています。

 

 

 

その他の良い点

お金を受け取る際、今までよりも会話する時間が増える。
触れ合う時間が多くなったことで私的にはGOODなことになりました。
私の配達員をやる目的の一つに街の観察、人の行動心理というものがあります。
少しでもお客さんと触れ合えることは私にはとてもいい出来事になります。

 

 

 

 

 

 

配達員がみんなが嫌がるんだったら、

逆にそこを責めることによって収入は変わってきます。

 

 

 

 

 

 日本人は意外に現金主義が多いような気がします

 

 

 

日本人の特徴として保守的なことがよく挙げられます。

これはウーバーイーツ にとってはGOODな要因です。

まず保守的ということは、現金を信じている人が多い。

クレジットやスマホ決済に関して信用しない方が一定数います。

名古屋は比較的その割合が高いんじゃないでしょうか?

 

 

 

そして見栄っ張り

 

わざわざ買いに行くのはめんどくさい。

誰が見ているかわからないですから。

一人で食べに行くのも何だか、かっこ悪いし恥ずかしい。

そうかウーバーで持ってきてもらおう。

気兼ねなく誰に遠慮するわけでもなく

好きな料理を食べることができるわけです。

 

 

 

 

 

  

Focus

私は名古屋で配達をやっています。

現に10回配達して4回か5回は現金払いだったりします。

それだけ、上記の理由は当たっているような気がしています。

 

 

 

 

 

 

 現金を受け取ることによって仕事の重みがわかる

 

料理プラス配達料の金額を受け取りますので実際に受け取るときは

結構な額になります。

すき家やマックでも1000円以上になりますし、

高級弁当なんかは4000円近くにもなります。

その際、現金で受け取ると自分はこの金額に見合った仕事ができたのか?と考えてしまします。

相手に対して思いやりが生まれ、自然と笑顔で接することができます。

現金払いをするに当たって持っておきたい物

まずはお札ですね。

1万円札で支払われるかたも案外いますので

1000円札と5000円札は必須です。

 

 

 

 

【12月の現状】フリーランスで軽貨物【ウーバーイーツ 】

 

           

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です