Macの便利なショートカットキー[初心者][便利ワザ]

 Macの便利なショートカットキー

 

 

 

 

 

   

知っていると知っていないとでは

全てやり方が違ってきます。

 

 

 

ショートカットキーを使うとめちゃくちゃ作業効率が上がります

プログラミングに関しては、

その機能を知っていれば

数行で終わる作業も

知らなければ何百行も

書かなければいけなくなることがあります。

それぐらい知らないということは怖いことなんです。

 

 

常に勉強をしなければいけない

最新技術はどんどん生まれてくる

それが35歳プログラマー定年説

に繋がったとも言われています。

 

 

 

 

実際は、年齢なんて関係ないんですけどね、、、、。

 

今回はMacの便利なショートカットキーについて

書いていきたいと思います。

MacとWindowsではショートカットキーが違います。

わたし的には、Windowsのショートカットキーはあまり使いません。

なぜかはわかりませんが直感的でないからかもしれません。

Macを使っていると

マウスも使いません。(Mac book)

なぜかショートカットキーを多用しています。

それだけMacでの作業は効率を求めて仕事ができる。

この作業の時に、こんなことができればの時にショートカットキーが存在する。

直感的に、クリエイティブに脳が動いている時に間髪入れず作業してくれる。

そこが魅力なところでもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よく使う  ショートカットキー

Focus

⌘ command + c    選択内容をクリップボードにコピーする
⌘ command + x    選択内容をクリップボードにコピーし、
           選択内容を削除する  (切り取り
⌘ command + v    クリップボードの内容を貼り付ける(ペースト
⌘ command + a    全選択
⌘ command + z    最後にした操作を取り消す(めちゃ便利)
⌘ command + tab   起動中のアプリケーションを切り替える
⌘command+スペース    スポットライト検索をする
⌘ command + p               印刷をする
control + space                Spotlight検索を開く
⌘command+ shift + 3    画面全体のスクリーンショットを撮る
⌘command + shift +4    画面の選択部分のみのスクリーンショット
              を撮る
⌘command + o      ファイルを開く
⌘command + d      ファイルの複製
⌘ command + s      ファイルを保存する (めちゃ必須)
⌘ command + t      新しいタブを開く
⌘command +option + n   新規フォルダ作成
⌘command + delete:     ファイルをゴミ箱に入れる
⌘command+Control+Q    ロック

 

 

この他にもたくさんあります

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくはこちらへ

Mac のキーボードショートカット

-Apple サポート – Apple Support

こんなにあるんだー。。。!!!

その他、自分でカスタムできるところもいいですよね。

 

 

 

 

 

Focus

未知の旅へ

踏み出そう。

挑戦する楽しさを思い出そう。

プログラミングは人生を変えるちか未知

10秒で登録完了!TECH::CAMPオンライン説明会

【TECH::CAMP(エンジニアスクール)】

英語はただの言語です。

話せないわけがない。
日本最大級の留学総合サイト【School With

欧米留学の約1/3の費用で留学可能!
<初心者向け>セブ語学留学はこちら


英会話を自宅で!!しかも安い!!
チケット制のオンライン英会話

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です