【2020】【出生数過去最少】どうなるかは明らかな現状に

 

 

とうとう出ました。

過去最少を更新です。

 

 

2019年 

出生数86万4000人

死亡数 1376000人

自然減少数 51万2000人

 

 

この数値は、1899年の統計開始以来初めての90万人割れだったのです。

 

 

当初、国の予想では90万人を割るのは2020年の予想

86万人になるのは2021年の予想でした。

 

2020年の出生数予想が90万人・・つまり今現在の発表値が90万人予想ということです。

そして、出ました。

 

 

2020年の速報値が過去最少を更新

87万2683人

 

あれ?去年の86万4000人よりも多くない?

 

そうです。その通りなんです。

非常にやり方が汚いないですよね。

 

もう既に、人数はわかっているのに敢えて多く計上する。

いかにも国のやり方ですね。

 

実際の確定値は83万〜84万人になる感じです。

 

2019年86万4000人の時ですら2018年と比べて50000人も出生数が減ったいるのに、2020年それを更新する。

 

 

 

 

 

ちなみに過去数年の出生数は・・・・

 

 

2001年  117万1000人

2002年  115万4000人

2003年  112万4000人

2004年  111万1000人

2005年  106万3000人

2006年  109万3000人

2007年  109万人

2008年  109万1000人

2009年  107万人

2010年  107万1000人

2011年  105万1000人

2012年  103万7000人

2013年  103万人

2014年  100万4000人

2015年  100万6000人

2016年  97万7000人

2017年  94万6000人

2018年  91万8000人

2019年  86万4000人

 

 

 

 

1949年  269万6000人

1950年  233万7000人

1951年  213万7000人

1971年  200万人

1972年  203万人

 

 

 

変わりに死亡数は138万人4544人

前年比で9373人の減少です。

 

つまり、生まれる人は過去最少を更新して、死亡した人は去年よりも少ない

それを少子高齢化と言います。

 

 

 

 

           

 

 

 

問題はまだまだ続く

 

 

2020年の出生数の数値です。

 

まあコロナで大変だったからしょうがないよね〜。なんて思っている人いませんか?

 

コロナが蔓延しだしたのは2020年の2月頃からです。

 

子供が生まれるには妊娠して10ヶ月かかります。

 

ということは去年の出生数というのは、

2019年2月から2020年の2月頃までに妊娠された人の人数になります。

そうです。コロナが始まる前の数値なのです。

 

 

考えるだけでゾッとします。

 

 

今年・2021年の出生数は80万人を割るのは確定か。

76万人という予想もありました。

 

 

 

 

毎年50万人もの日本人がいなくなっていくこと。

 

それは、都市で見てみると

 

 

兵庫県姫路市  53万5000人

栃木県宇都宮市 51万8000人

愛媛県松山市  53万5000人

大分県大分市  47万8000人

石川県金沢市  46万5000人

愛知県豊田市  42万2000人

岐阜県岐阜市  40万6000人

 

 

これらの都市が毎年消滅していっていること同じです。

 

 

人口1万人未満の市町村であれば、100町村ぐらいがなくなっていることです。

 

どんどん廃村していかなければならない状態と言えます。

 

2050年までに何が変わる?人工知能は人間の脳に追いついて終わりではない

           

 

 

 

 

コロナでどれくらいの人が、子供を作ろうと思ったか?

どれだけの人が結婚したか?

 

 

 

 

昔の日本であれば、社会が危機的な状況に陥ると、生存本能が働いて子供を残そうとしますが

現在の日本では、デフレに慣れすぎて不安な将来しか見えなくなっています。

そうすると子供の未来を考えた時、思考は消極的になります。

 

 

 

 

婚姻数の速報では2020年 1月〜11月・前年同期比 12.8%減少 49万2908組 

12月も入れると55万組くらいでしょうか。

 

 

 

最近の婚姻数推移

 

2016年  62万0531組

2017年  60万6866組

2018年  58万6481組

2019年  59万8965組

 

 

 

 

 

1980年代のイギリスの経済誌が日本について書いています。

 

 

日本では少子高齢化が急速に進んでおり、いずれ人口減少に転じて社会から活力が失われていくだろう。

今や世界の工場とも言える日本だが、いずれ、自動車、家電、鉄鋼等の産業は中国や韓国、台湾に取って代わられる日が来るはずだ。

未来の日本で生き残るのは観光とデザインの分野くらいしかなくなるだろう

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です