【VR】【5G】 非現実の世界をどうやって体験してもらうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンセプト

日常では起き得ないことが現実になれば、

人は熱狂し、集まり、お金を払ってでも

行きたくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば

 

花火。

普段の景色から、花火が打ち上げられる。

日常ではなく非現実な日常にみんな酔いしれるわけです。

そこには非現実な世界を体験するため、人が集まり、屋台が集まり、浴衣を着た人々が闊歩する。

 

しかも花火は儚いからなお、人々の心に残り魅了する。

 

 

 

 

 

 

 

ディズニーランド。

ディズニーランドは徹底的に非日常を演出します。

現実ではなく、日本ではなく、Disneylandという空間を作り上げようとする。

ゲストの想像を超える事によって Disneylandは本当に夢の国というポジションを獲得している。

 

 

 

 

 

 

 

大事なことは

 

非現実な持続しない美

 

 

 

日常、花火がバンバン上がっていたら非現実にはならないですし、

感動もなくそれが当たり前になってしまう。

 

常にDisneylandに行くことになるならば、非現実的な世界は崩れてしまう。

 

 

 

 

 

人が体験したことも、想像したこともないことにこそ価値があり、

それを実現できる人間がヒーローになる世の中であるべき。

 

 

iPhoneを世界に浸透させたアップル創始者

スティーブンジョブスであったり

電気を発明した

トーマスエジソンであったり。

 

 

 

 

 

 

一緒に世界に衝撃を与えましょう!!!

New Style Generationでは、そういった仲間を募集しています。

肩書きも関係ない、年齢も関係ない、年収も関係ない、好きなこと、興味のあることを

を全力で楽しめる方。何か面白いことをしたい方。

変わり者とよく言われる人もOKです。

私も変わっていっますから(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

最近、私の興味のある非現実なこと。

 

・行動心理学

・シュミレーション理論

・仮想現実はどこまで具現化できるのか?

・VRの実用化と今後のマストアイテム。

・宇宙について人類は何もわかっていないことを思い知らされた現実。

・この50年で人類は進化し過ぎじゃない?

 

 

 

 

 

VRの世界で仕事が成り立つ時代が来る可能性【5G】【コロナウィルス】

 

 

 

 

 

 

世の中はどんどん便利になっていくが便利になりすぎて,

それが当たり前になってきている現実があります。

実際、インターネットなんてパソコンを持っている人、スマホを持っている人、

のほとんどが使っているわけです。

いわば当たり前。

 

 

Focus

でも、どうやってネットに接続して、

どうやってプログラミングされていて、

誰が作ったか?なんて

誰も考えて使っていません。

 

 

 

 

言い換えると、簡単に操作されてしまう現実があるんです。

ちょっとプログラミングを変えて情報をいじったり、ネット回線を使えなくさせたり、

機密情報や個人情報を最初からアクセスできるように作ることもできてしまうんです。

 

 

 

今は、人間の手で作られていますが、人工知能の進化で自らAIがAIにしかわからない言語で

作ってしまうなんてこともあり得るわけです。

 

 

実際、AIの研究途中、人工知能同士の会話で人間には解読できない言葉で会話をしだした。

なんて実例もあるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

今後の進化速度

 

 

iPhoneが世に出て10年。まだ10年です。

江戸時代ができて終わるまで250年ぐらいです。

あと240年、iPhoneがあるとしたらどんな形になっているんでしょうね?

 

 

それぐらい現代のスピードは早いです。

10年後、5年後先なんてこともわからない。

 

何もわからないんだったら、いろんなことに手をだした方がいいと思います。

 

だって、わからないんだもん。

 

数打った方が当たるに決まっています。

面白い人間が集まって想像した方がいいに決まっています。

 

 

 

 

美人と付き合えるのは、美人に告白した人だけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

非現実な世界を考える集団

 

今ですとVRで開発していくのが一番ベターなんでしょうか。

VRは今の家庭のパソコンなどでは容量が足りません。

データ量と処理能力が向上していかないと本当にリアルなものに伝わらない。

実際は、VRZONEといった専用施設で体験できるのが今の現状です。

それを、家庭でも、モバイルでもできるようになる。

そういった世界を作ってみたいですね。

現実と非現実の融合。

 

 

 

 

 

もうテレビなんていらないんじゃないでしょうか?

高画質の8Kテレビを100万円で買うなんて馬鹿げていませんか?

 

高額な財布もいらないし、

お金もいらない、

学校に行く必要もない。

 

 

全てVR空間でできることですから。

 

VR空間の中で授業を受けて、

VR空間の中で高画像のテレビを見て

VRの中で空を飛ぶ。

 

 

 

 

 

メチャクチャ面白くないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です