買収による買収による買収【M&A】【格差の完成】

 

 

 

M&Aとは???

 

 

 

 

 

 

そもそも企業買収とは
何の目的でするのでしょうか?

一般的な買収のケースで考えると
2つの理由があります。

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

 

 

 

 

Focus

✅ 時間の短縮効果

✅ 既存事業との相乗効果

 

 

 

 

 

 

 

時間の短縮とは

 

 

新規事業をするにはお金がかかります。

 

一から作っていかなければいけないので
人も必要だし、
人に教育も経験も必要になります。

運営のノウハウもゼロから
学んでいかなければなりません。

 

事業が安定するまで運転資金が底をついてしまうかもしれません。

 

 

既存事業のお客様はいても新規事業のお客様はいないです。

 

 

 

事業を軌道に載せるためには
多くの時間が必要になります。

でも、既にその事業を運営している
会社を買収することにより、

そのままノウハウも経験も
お客様も人員も営業所も
手に入ることになります。

ゼロから始めて
試行錯誤する時間を
カットすることができる。

つまりは、
時間短縮の効果が見込めるのです。

 

 

 

 

世界最強の投資会社ウォーレンバフェット率いるバークシャー・ハサウェイも元々は投資会社ではありませんでした。

ウォーレンバフェットが買収した時は、綿紡績事業でしたが上手いこといかず投資会社にしたのが始まり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では次に

 

既存事業との相乗効果

 

ですが、

例えば、
食品メーカーが、飲食店を買収した
とします。

すると、

食品メーカーは、自社の商品を
飲食店で、使うことができ
売り上げが見込めます。

飲食店は、メーカーから
安価で食材を提供してもらったり、

世に無い食材をメーカーに
作ってもらえたりします。

つまりは、どちらにとっても
トクになる上に、一般消費者の声も
集めやすくなるという

1+1=2以上の効果が

見込めることもあるわけです。

 

 

つまりは、

企業買収をする理由は、

 

 

  • 時間の短縮効果

  • 今やっている事業との相乗効果も期待できるとなれば

 

 

買収側企業にとって、
メリットが生まれやすいのです。

グーグルが積極的に企業買収をやって、

創業から短期間で
急成長を遂げた理由も
うなずけるのではないでしょうか?

 

 

 

 

FocusFacebookが買収した企業を見てみると、

whatsappの218億ドル、

Instagramの10億ドル、

オキュラスの160億ドルなどが大型買収の案件です。

 

 

 

 

 

 

 

ソフトバンクはすでに投資会社と名乗っている。

 

ソフトバンク・ビジョン・ファンド===

10兆円というお金を運用しています。

(最近はウーバーやウィーワークが赤字で大変そうですが・・・。)

 

 

 

 

 

個人による企業のM&A

 

 

これが案外おすすめです

 

 

 

 

Focus✅いきなり経営者になれる。

 

✅社会的信用が生まれる。

 

✅経営者になる事で圧倒的な経験値が手に入る。

 

✅後継がいなく黒字倒産する企業は案外多い。

 

 

 

 

 

300万から500万ぐらいで事業壌渡できる案件もあります。

自分で足を使って探せばもっといい案件も見つかる可能性があります。

 

 

 

✅後継がいなく黒字倒産する企業は案外多い。

 

これはおすすめです。

黒字でやっているのに、継ぐ人がいないから倒産する。

継ぐ人がいれば事業は継続されるし、少なからず経済は回るはずです。

 

 

そこで信用を得て、どんどんM&Aしていけば大会社になっている可能性も上がりますよね。

 

 

 

 

 

 

 

注意こういった美味しい話には詐欺が付き物です。

必ず自分で勉強してから交渉しましょう。

一度のミスが致命傷になることが多いですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です