警察官・教師の事件簿  働き方に異常をきたす聖職者 2019−2

 

 

警察官・教師の事件簿  

働き方に異常をきたす聖職者。

2019−2

 

 

 

 

警察官・教師の事件簿  働き方に異常をきたす聖職者。2019

 

 

 

 

 

警察官・教師の事件簿  働き方に異常をきたす聖職者。(2)

 

 

 

 

警察官・教師の事件簿  働き方に異常をきたす聖職者。

 

 

 

 

 

 

 

調べていると出るわ出るわ。

公務員のみなさん税金ですよ。

 

そして年齢、性別があまり関係なく事件が起こっています。

どうなることやら・・・・・・。

 

 

 

2019年第2弾スタートです・・・

 

 

 

 

 

経済産業省のキャリア官僚による覚醒剤密輸事件で、警視庁組織犯罪対策5課は15日、

覚醒剤を使用したなどとして覚せい剤取締法違反(輸入、使用)の疑いで、

同省製造産業局自動車課課長補佐(28)を再逮捕した。

 

 

 

高齢男性から1180万円をだまし取ったとして、京都府警は15日、

山科署地域課巡査長(京都市中京区)を詐欺容疑で逮捕した。

 

 

 

彦根署河瀬駅前交番で昨年4月、巡査部長(警部に2階級特進)を拳銃で撃って

殺害したとして殺人と銃刀法違反の罪に問われた部下の元巡査(20)=当時19歳=に対する

裁判員裁判の判決が8日、大津地裁であった。

裁判長は「現職の警察官が拳銃で殺害に及んだ空前の、絶後となるべき重大な事案」。

 

 

 

 

茨城県警は7日、55歳の男性警部補を酒気帯び運転の容疑で書類送検した

酒気帯び状態で運転して出勤し、酒の臭いに気付いた同僚が呼気を検査し発覚警部補は

「あってはならないことをやってしまった」とし、依願退職した。

 

 

 

 

静岡県警は1日、浜松市の30代女性にわいせつな行為をしようとしたとして、

強制わいせつ未遂などの疑いで浜松中央署地域課の巡査長の男を逮捕した。

 

 

知人女性に無理やりキスするなどしたとして、

滋賀県警の30代男性巡査長が減給100分の10(6カ月)の懲戒処分を受けていたことが28日、

県警監察官室への取材で分かった。

 

 

 

警視庁の23歳の巡査が酒気帯び運転の疑いで書類送検された。

3月22日未明、群馬県内で酒を飲んで車を運転した疑いが持たれている。

巡査は交差点で赤信号で停止したあと、そのまま30分ほど寝込んでいたという。

 

 

 

山口県警の20代の女性巡査が1日付で懲戒処分を受け、その後、依願退職した

2018年に、出会い系アプリを使って複数の男性と交際したとされるため

関係者によると、女性は交際の際に男性に金額を提示していたという

 

 

 

 

高知県警の30代男性巡査長が、女性へのストーカー行為で書類送検された

2018年に、女性宅の玄関ドアの鍵穴に接着剤を入れて壊すなどした疑い

警察内部のシステムを不正に使って女性の住所を割り出したという。

 

 

 

風俗店に勤務していたのは下関警察署に所属する20歳以下の女性巡査。

働いていたのは去年9月から11月にかけてで、福岡県の風俗店でアルバイトをし、約8万円の報酬を得ていたという。

警察に情報が寄せられたことがきっかけで判明。「生活費の足しにしたかった」と、

巡査は事実を認め、減給処分を受けたうえで、依願退職したそうだ。

 

 

 

 

 

不登校の子どもを支援する適応指導教室の指導員の立場を利用し

教室に通う女子生徒にみだらな行為をしたとして、岡山中央署は13日、児童福祉法違反(淫行させる行為)の疑いで、

岡山市嘱託職員の男(26)=瀬戸内市=を逮捕

 

 

 

京都府警察学校の初任科生が実家で大麻を所持したとして、府警組対3課は7月5日、

大麻取締法違反(所持)の疑いで、同学校の男性巡査(23)=京都市伏見区深草塚本町=を逮捕した。

「自分で吸うために大麻を実家に置いていたことに間違いない」と容疑を認めているという。

 

 

 

 

公務中に警察車両で複数の女性とホテルに行き、不適切な交際をしたとして、滋賀県警監察官室は26日、

県警本部に勤務する男性警部(50)を、減給100分の10(6カ月)の懲戒処分に、

警部は昨年2月末から今年6月の勤務時間中、出会い系サイトで知り合った女性7人と、

県内や京都市のホテルに計7回行き、不適切な行為をした。

移動には公用車を使い、女性も乗せていた。

 

 

 

 

暴力団組員と交際し捜査情報を漏らしたとして警視庁は19日、地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで、

新宿署留置管理課の女性巡査(23)を書類送検。30代の組員の男が捜査対象となっている事件

について罪名や捜査の進捗(しんちょく)状況などを漏らした。

 

 

県警丸亀署員の男性がトラブルになっていたことが、店と県警への取材でわかった。

署員は「わしは生安(生活安全課)や」「立ち入り(調査)しようか」などと言い、

約1時間にわたって店にいたという。県警は店側の告訴を受理し、威力業務妨害や不退去の疑い。

 

 

 

7月13日午後11時ごろ、広島県尾道市の国道2号「松永バイパス」上り線のトンネル内で、

福山市に住む49歳の女性教員の運転する車が追い越し車線を逆走し、男性会社員の軽乗用車と正面衝突しました。

 

 

 

 

勤務する中学校の女子生徒にみだらな行為をしたとして、警視庁竹の塚署は1日、東京都内の区立中の体育教諭を児童福祉法違反容疑で再逮捕したと発表した。容疑者は「ホテルに行ったが、性交渉はしていない」と否認している。

(2019.8)

 

 

埼玉県教育委員会は25日、女児の前で下半身を露出したとして、県南部地区の公立小学校の男性教諭(30)を懲戒免職処分にした。
男性教諭は6月11日午後、国語の個別指導を行っていた同校の6年生の女児にハンドタオルで目隠しするように指示した上で、下半身を露出した。
男性教諭は、目隠しをして触ったものを当てるゲームを授業に採用。この日は自身の下半身を触らせようと考えたといい、「親しかった女性と疎遠になるなどプライベートでうまくいかず、ストレスがたまっていた」と話しているという。

(2019.7.25)

 

 

 

県教委によると、県立高の男性教諭は4月から7月にかけ、厚木市や相模原市の書店で女性4人のスカート内をスマートフォンで動画撮影した。うち3人は学生服姿で、県教委は「若くて短いスカートの女性がいるとスイッチが入ってしまったようだ」と説明。7月4日に書店の通報で県警に任意同行されて発覚した。

 

綾瀬市立中の男性教諭は6月22日未明、海老名市内の路上で女子大学生の口元を押さえ、胸を触るなどした。当時酒に酔っており、県教委の調べに「ナンパしようと思って追いかけたら手が胸に触れ、理性を失った」などと説明しているという。

 

 

 

県教委はまた、酒気帯び運転や通勤手当の不正受給をしたとして、県立神奈川工業高校(横浜市神奈川区)の男性教諭(26)を停職6カ月の懲戒処分(25日付で依願退職)とした

 

 

 

奈良県教育委員会は31日、女子高生のスカート内を盗撮して、京都府迷惑行為防止条例違反容疑で逮捕された奈良市立小の男性教諭(48)と、飲酒運転をしたとして道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕された県立高の男性教諭(28)の2人を懲戒免職処分にした。小学教諭は5月31日夕、京都府木津川市内の商業施設で、女子高生のスカート内をビデオカメラで盗撮したとして、6月7日に逮捕された。

 

 

豊田市役所のトイレに盗撮目的で小型カメラを設置したとして逮捕された市職員の男が、市の聞き取りに対し以前から同様の犯行を繰り返していたと説明していたことがわかりました。豊田市は7月26日付で停職6か月の懲戒処分としました。

 

 

 

校内で女子生徒にみだらな行為をさせた中学校の教師

今年3月から4月にかけ、女子生徒2人に校内の保健室や会議室でみだらな行為をさせた

被告が行為をスマートフォンで撮影していたほか、下着を渡すよう女子生徒に指示していた。

 

 

 

林間学校で訪れていた兵庫県香美町にある宿泊施設で、

寝ていた小学5年生の女子児童4人の身体を触るなどわいせつな行為をした

警察が防犯カメラを調べたところ、夜間に伊藤容疑者が児童の部屋に向かう姿が映っていたということです。

(2019.9.20)

 

 

 

 

神戸市立東須磨小学校の教諭4人が、同僚の教員4人にいじめ行為などを繰り返していた問題で、被害を受けた20代の男性教員が、いじめ行為を受けている様子を写真に撮られたと訴えていることが、市教育委員会への取材でわかった。

加害側の教諭4人は30代の男性3人と40代の女性1人。調査に対し、一連のいじめ行為について「悪気はなかった」「相手がいやがっていると思っていなかった」などと説明している

(2019.10)

 

 

 

 

深谷市岡里、県北部の県立特別支援学校臨時教諭の男

熊谷市内のホテルで、県内に住む女子中学生に対し、18歳未満と知りながら、みだらな行為をした疑い。「若い子が好きだった」と容疑を認めているという。

(2019.10)

 

 

18歳未満と知りながら少女にみだらな行為をしたとして、いずれも県青少年健全育成条例違反の罪で略式起訴された二本松三中の男性教諭(34)と、安積高の男性教諭(45)を同日付で懲戒免職処分にした

(2019.10)

 

 

容疑者は県内の小学校に勤務していた1月、別の女子中学生に対する児童買春容疑で逮捕、起訴され、懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受けた。容疑者は4月13日、同市内のホテルで、中学3年の女子生徒が18歳未満と知りながら現金4万円を渡し、わいせつな行為をした。

公判中で、釈放されていた時に。

(2019.10)

 

 

 

 

当時小学6年の12歳の女子児童に複数回にわたって性的暴行を加えたとして、強制性交の疑いで、同県厚木市の障害者支援施設「愛名やまゆり園」の前園長、高橋英行容疑者(59)を逮捕した。

知人の娘である女子児童に不適切な行為を行ったという趣旨

 

 

 

 

兵庫県警の女性巡査長が駅のトイレに拳銃を置き忘れたほか、副業で風俗店のアルバイトをしていたとして停職1か月の懲戒処分を受けました。

警察によると鉄道警察隊の27歳の女性巡査長は9月29日、JR相生駅のトイレに拳銃と手錠を1時間半にわたり置き忘れていたということです。

 

 

 

 

消防士は3月ごろから4月ごろまでの間に、同市峰山町の商業施設で販売用の女性用下着に体液を付けて汚し、販売できなくした。

消防士は同商業施設で女子中学生の着衣に体液を付けた疑いで7月に逮捕され、不起訴となった。また、市内の女性宅から女性用下着を盗んだ疑いで同月に逮捕されたが、不起訴(起訴猶予)となった。

 

 

 

通学中の女子高生に体液をかけたとして、器物損壊罪に問われた京都府教育委員会学校指導主事の男(50)

 

 

 

動画投稿サイト「FC2」でわいせつな動画を不特定多数に公開したとして、わいせつ電磁的記録媒体陳列の疑いで、長崎県職員の女(22)=長崎市琴海村松町=と会社員の男(27)=長崎県新上五島町=を逮捕

 

 

福岡空港署の男性副署長(50代)は先月、元部下の結婚披露宴に出席した際、同席した女性の頬にキスをしたとして、先週「戒告」の懲戒処分を受けました

 

 

 

 

東須磨小の元教諭の20代女性。

女性は、被害教諭にいじめを行っていた30代男性教諭から“セクハラ”を受けていたと語った。
新任で同小学校に赴任した女性教諭。「女性として伏せておいてほしいことをネタにされる」ことなどが日常的にあったと話し始め、

「体形的なこと、胸がないことを言われたり、生理の日とかを『この時期ちゃうか?』みたいに言われたり」と

具体的に男性教諭からの“セクハラ”を明かした。

 

 

 

 

 

児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕された長岡市立宮本小の校長(58)らを懲戒免職

容疑者は昨年、大阪府枚方市の高校3年生の男子生徒(17)、川崎市の会社員(37)と動画配信サイトで知り合った。

3人は今年3月23日、USJに行くことになり、容疑者が男子高校生に『LINE Pay』で5万円を“前払い”した。

3人はその日が初対面だったそうです。前日は容疑者が当時、校長を務めていた信条小の卒業式だったため

式の後、新潟から飛行機で大阪に移動。

その夜、USJ近くの高級ホテルに宿泊した。翌朝、高校生がホテルを訪ね、

午後2時ぐらいまで男3人でUSJで遊び、その後、ホテルに戻り、午後8時30分ごろまで部屋でプレーを楽しんだ。

 

 

 

 

熊本県立の特別支援学校で、副担任の男性講師(20歳代)が今年6月から今月にかけ、

中学部の男子生徒1人の肩を拳でたたいたり、テープで手を縛ったりするなどの不適切な行為を繰り返していたことがわかった。

同県教育委員会や同校によると講師は、教室のカーテンに隠れて周りから見えない状態で生徒の肩を拳でたたいたり、

生徒が座ろうとした椅子を引いて転倒させたりした。

股間を握ることや、お尻を膝で蹴ることもあった。

また、「なんかくさい」「トイレのにおいがする」などの暴言も浴びせたという。

 

 

 

「性行為」を条件に違法に金を貸しつけたとされる、大阪府千早赤阪村の元職員
千早赤阪村の職員だった被告(36)は無登録で女性たちに現金33万円を貸し付け、

法定金利を超える利息を受け取った罪などに問われています。

 

 

 

 

 

高崎商科大付属高校(高崎市)は8日、30代の男性教諭が

無料通信アプリ「LINE」を通じて同校女子生徒ら3人に「セクハラ行為に該当する不適切なメッセージ」

を送ったとして、同教諭を懲戒解雇処分

被害に遭ったのは女子生徒2人とすでに学校を転校した元女子生徒1人の計3人。教諭は女子生徒に対し、ラインでわいせつな行為に誘うメッセージなどを送っていた。

 

 

 

 

 

15歳の教え子にみだらな行為をさせた石川県白山市の元中学校教諭に対し、金沢地裁は懲役1年6ヶ月の実刑判決を言い渡しました。

被告は今年3月から4月にかけて、当時15歳の女子生徒2人に校内の保健室や会議室でみだらな行為をさせたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ヤバすぎる日本の公務員

 

 

一向に減らない公務員の逮捕  2019

調べれば調べるほど出てくるこの現状は普通なのか?

氷山の一角なのか?

少なくとも公務員が公務員を逮捕するわけですから基準は甘くなっていると思われます。

過去にはウヤムヤになった事例が山ほどあるように思えてありません。

どちらにせよ、現行の採用基準は役に立っていないと言わざるをえない。

 

 

 

 

 

 

 

 

New Style Generation × Mind Color

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です