【ドキュメンタリーYOUTUBE】少子化になる理由はこうだ【ラファエル】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ドキュメンタリーYOUTUBE】

 

 

 

 

少子化が進む理由を見事に映像にしている動画だと関心しました。

 

 

今の若者は、こうなんですよ。

 

こうなってしまうんですよ。

 

これが今の常識なんです。

 

なぜ東京に行きたくなるのか?

 

東京に行けばキラキラした生活が送れると言う希望があるから。

 

(実際は100%違います。)

 

 

 

 

この動画を見たときに、いざ自分に子供ができて女の子で20歳を過ぎて東京にいった場合、なんて言えるのか?

 

自分の教育がいけなかったのか?

 

今後どうしていけばいいのか?

 

本気で考えてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

東京の大学に行きたいと言われた時、

 

東大や一橋大学や慶応・早稲田・明治大学ぐらいに入らないとなんの意味もないんです。

 

他の無名な大学、または東京の専門学校にいっても地元の専門学校にいっても大して変わらないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単にお金を手にしてしまった先にあるものは・・・?

 

 

 

この動画は、港区女子とパパ活の話です。

 

パパ活をしている女子に本当の父親が対面したらどうなるのか?

 

詳しくは動画を見てください。

 

 

 

 

 

 

 

正直、自分が親という立場で考えた場合・・・・・非常に悲しくなりますよね。

 

 

 

 

 

でも子供にはわかりません。

 

理由は簡単にお金を手にする方法を知ってしまったから。

 

 

 

 

 

月に100万円の収入を手にしているわけです。

 

もちろん税金なんて払っていないでしょう。

 

(むしろパパ活って脱税にならないのかな?)

 

 

美味しいご飯がタダで食べれる。

 

一緒にご飯を食べるだけでお金がもらえる。

 

ブランド品も買える。

 

家も提供してくれる。

 

時給1500円のバイトでも馬鹿らしくなるでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

父親はもうやめろと言いますが

 

子供はやめる気はない。

 

平行線のまま、子供は帰って行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

育て方が悪かったのか?

 

 

 

 

 

難しいですが、この親御さんは一般的な教育を子供にしてきたと思われます。

 

父親。母親がいて東京の学校にも通わせてもらっている。

 

話し方もいたって普通のように思えました。

 

 

しきりに父親がそんな子に『お金お金』っていう子じゃなかったと思うけどな

とつぶやく様は悲観でなりません。

 

 

 

 

 

Focus

1つ言えるのは、娘が話を変えたときに、うまいこと返せていない点。

これは、やはり今までの関係が曖昧だったのでしょう。

本来、親と子というのは絶対的な上下関係があるはずです。

しかし、友達感覚や怒らない教育をしていくといざという時に

抑止できなくなることがよくわかります。

 

 

 

 

 

 

その結果、

 

子供はなんでわかってくれないの?という気持ちが生まれる

 

いつもは言うこと聞いてくれるのに・・・・。

 

もう顔も見たくない。

 

東京で1人で暮らすわになる感じですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上のことを踏まえてなぜ少子化が進むのか

 

 

 

 

 

子供をちゃんと育てる自信がない。

✅怒れる自信がない。

✅この動画のようになった場合、悲しいことになる。

✅そんな風に育てたつもりはない。

✅お前の教育が悪いんだ。

 

 

 

 

と続いていくのが簡単に想像ついてしまうからです。

 

 

 

 

 

 

 

Focus 

ましてや働いても働いても給料が上がらない時代。
一生懸命働いて年収300万円。
その中で、一生懸命育ててきた子供がこうなったらと考えてしまうんですね今の20代・30代は。

 

 

 

結果的に少子化は止まりません。

 

 

人間の欲望と格差とお金がある限り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近のユーチューブは

 

 

 

バラエティー系からドキュメンタリー系に人気が移っているように感じます。

 

ドッキリやオレオレ詐欺やぼったくりやケンカ。

 

それを実際にあったように伝える。(フィクションかノンフィクションかはわかりません。それぐらい最近の動画はリアルに作ってあります。)

 

 

 

 

 

人間の根本には残酷さや危機的な状況に興奮を覚える心理があります。

 

今後ともこういった企画は増えていくと思われます。

 

そして、これからユーチューバーをやるならば体を張った企画をしないと再生数は見込まないかもしれません。

 

どんどん過激になっていくからです。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です