バブルとは一体なんだったのか? [日本を変えた54ヶ月]

 

 

 

 

 

 

人と金が集まるところにエネルギーが生まれる

 

 

 

 

 

 

 

バブル >>>・・意味・・・・>>>>> あぶくに似て実質のない状況をいう。

 

 

 

 最初のバブルは16世紀ごろ

 

 

チューリップが高騰し始め、後々にはチューリップの球根一個と

馬車が同じ値段で取引されたと言われています。

そして、それに目をつけた庶民が懸命にチューリップの球根を育てて売ろうとした時、

もうチューリップの価値はダダ下がりしていたという話。

 

 

 

 

なんてこった。

って話ですが本当の話です。

 

急激に上がったものは、急激に落ちて来る。

そのまま宇宙までいってしまえばいいのですがほとんどのものは

落ちてきてしまいます。

 

 

最近で言うなら、仮想通過が似たような現象になっています。

ビットコイン・・・・仮想通貨の筆頭をいく通過

 

 

 

 

 

 

 

2017年12月

1ビットコインが200万円を越えて行きました。

年末ということと、日本の景気がバブル期並みの勢いをあいまって

ビットコインは熱狂していました。

誰もが、来年もこの勢いは続いて来年には300万円を越えていくと

コメンテーター、経済雑誌、自称評論家は自信を持って、書いてありました。

 

 

 

しかし2018年2月には、100万円ほどになってしまいます。

価値が半分に減ったのと同じことですね。

 

 

そして現在、2018年12月ちょうど去年の最高値をつけた日が迫っています。

 

1年経ってどうなったかと言うと・・・・・・・

1ビットコイン40万円を切っています。

簡単に言うと5分の1になってしまったと言うことですね。

「ビットコイン チャート」の画像検索結果

 

 

見事なバブルチャートですね。

 

 

 

   
 

後日に載せる記事もバブルチャートを形成しています。

なんのチャートかと言いますと・・・・・・・

少々、お待ちください。。。。。

しかし、みなさんが必ず関わっている物のチャートです。

 

 

 

         
 

 

 

 

 

 そして日本のバブル

日本が一番調子に乗っていた時代

 

 

べベンっ

 

日本が一番勢いがあった時代であり

1986年12月から1991(平成3年)2月までのことを指します。

 

 

終わりの始まりである。

バブルがはじけた後(現在2018年)、デフレは今でも脱却できていないと言われています。

 

それぐらいの破壊力で日本が世界に躍り出た時代。

 

今でも、バブルの時を忘れられない方は多いんじゃないでしょうか?

あの頃はよかった。

働いたら働いただけ給料がもらえた。

新卒のボーナスが100万円

土地神話

 

よく聞く言葉です。

だいたい今の40代後半から50代以降ががバブルを経験した世代。

 

 

 

 

 バブルは終わってみないとわからない。

 

 

 

 

 

         
 

 

 

好景気の中にいると、人は錯覚してそれが通常のように過ごしてしまいます。

 

その環境に慣れてしまう。

 

脳が忘れる機能を利用して過去の記憶を今のいい状態の記憶に少しづつ変えていく。

 

 

Focus

『土地なんて上がり続けるわけない。

そんな当たり前のこともみんなが上がると言い続けることで

脳が悪い記憶を消去し自分も上がると思い込んでしまうこと。』

これを

社会的証明の法則と言います

 

 

 

 

しかし、海外の人からみたら日本がバブルになっていると気づいた人たちはいました。

わざと売りに出しあとで買い戻す手段で莫大な利益をあげた人も大勢いたようです。

 

 

 

 

 

そして、どうしようもなくなった時に、気づきます。

あっ!!!!  これはまぼろしだったんだ。

気付いた時にはもう手遅れです。

お金は泡のように消えていきます。

 

 

 

 

 

人と金が集まるところはエネルギーがある

 

 

 

 

 

 

 

 バブルの出来事

 

 

テレビ局には大量のスポンサーがつき莫大な収入が入った。

セットは豪華になり、

ただ座っている芸能人?のギャラは今の比べ物にならないほどらしいです。

クイズ番組でも、ハワイ旅行や賞金が毎週ばらまかれていた。

 

 

 

タクシーを止めるのに一万円札をちらつかせる。

通勤はタクシー。

帰りもタクシー。

接待もみんなにタクシーチケット。

タクシーの運転手の日給は10万円以上だった。

 

 

 

 

 就職関連

 

説明会にいくだけで交通費支給。

場合によっては、謝礼で五千円から1万円もらえた。

面接も受けていない会社から採用通知が届く。

研修等と称して、国内旅行や海外旅行に連れ出し他者と連絡ができないような隔離旅行を行った。

 

 

新卒の給料が50万円以上

ボーナスは100万円以上もザラ。

残業代、休日出勤も全てお金になった。

 

 

 

ゴッホの向日葵を安田火災海上が58億円で購入。

 

東京23区の土地の値段でアメリカ全土と匹敵した。

 

メッシー、アッシー、みつぐ君なる人物が登場。

 

100万円腕時計が売れず、その時計を300万円にしたらどんどん売れた。

 

 

三菱地所がロックフェラーセンターを約2,200億円で買収。

ジャパンマネーによる海外資産買いあさりの象徴的な例でありアメリカから本気で反感を買う。

 

 

 

ピンドンわり

ドンペリロゼをロマネコンティを割るために使われていた。

 

土地は値下がりしないものだと思われていた。

土地を転がすだけで1週間で倍になっていたことも。

 

 

 

 

 

 

その結果

 

 

 

 

バブル崩壊

 

 

 

 

まともに勉強しなかった学生たちを、簡単に就職させた結果、無能力な社員が増加。

会社の荷物となり日本の経済は停滞

中国に負け、他国の追随を許す。

不景気の名の下、徹底的にコストカット日本の技術力を海外で生産させることで利益を確保。

 

 

 

 

 

しかし、日本のモノ作り文化は海外の安いもので追いやられ、

日本人が日本の物作り(職人)を破壊する結果になった。

 

 

そして、今に至る。

 

バブルは本当に悪いことなのか?

経済を刺激し、お金の量を増やす。

そのお金を、庶民にも行き渡らせる。

それでおしまいのはずなのに・・・・・。

 

 

今はどこの国でも自国の通過を安くすることに力を入れています。

お金を循環させて国民を幸せにする。

それが目的なはずなのに、いつしか人間は強欲になっていく。

それぞれの業種でヒエラルキーを作り、

搾取される人間、搾取する人間に別れていってしまう。

 

 

 

 正しい人間が使えば、正しい結果になるのか?

 

私は、答えはNOだと思います。

 

人間は堕落していく生き物。

新卒の若者をみてください。

 

自分のなりたい職業についた時、

一生頑張っていくと決めて社会に出るはずです。

しかし1年が経ち、2年が経ち、3年が経つ頃には、そのころのフレッシュさはなくなっていると思います。

それは、自分のやりたかったことのギャップ。

競合他社を蹴り落としていく罪悪感。

媚を売ってまで出世しようとする大人たちをみてどんどん、変わっていってしまう。

 

結果、正しいことに使うことがいつの間にか違うことに労力を使ってしまっていることになる。

 

 

 

 

 

歴史は繰り返すか?????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラス。

正しいことをしようとすると、必ず邪魔をする人間が出てきます。

それは、今まで儲けてきた既得権益を壊すことになるからです。

どんな業界でも中はずさんで、ズブズブな関係になっていることはよくあることです。

それを壊されるのは既得権益からすれば面白くありません。

それがいいことでも、悪いことでも。

 

 

 

 

最近、日産の会長が逮捕されました。

脱税だそうです。

彼の報酬が極端に少なかったわけではありません。

 

それでもなお、自分の利益を優先してしまう。

人間とは、面白い生き物ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

なお、今も人口不足による就職倍率がバブルを超えたらしいです。

完全な売り手市場になりました。

日本は同じ過ちを繰り返すのか?

非常に興味深いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Focus

未知の旅へ

踏み出そう。

挑戦する楽しさを思い出そう。

プログラミングは人生を変えるちか未知

10秒で登録完了!TECH::CAMPオンライン説明会

【TECH::CAMP(エンジニアスクール)】

英語はただの言語です。

話せないわけがない。
日本最大級の留学総合サイト【School With

欧米留学の約1/3の費用で留学可能!
<初心者向け>セブ語学留学はこちら


英会話を自宅で!!しかも安い!!
チケット制のオンライン英会話

 

「バブルとは一体なんだったのか? [日本を変えた54ヶ月]」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 学校の先生とプログラミング学習必修科について!![ICT] | 知っておくべき今後のIT情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です