【1998年】パソコンブームからスマホへの道のり【流れ】

 

 

 

 

 

 

 

日本でのパソコンの流れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1998年ごろ  パソコンが日本中に広まったことを覚えています。

 

 

 

なぜあんなブームが起きたのか?

 

 

 

今では考えられないくらい大型のパソコン専門ショップがどんどんできていきました。

 

CMでも新聞に入っている広告でもパソコン一色。

 

しかし、当時の日本人はパソコンの使い方もスペックもわかりません。

 

 

 

WindowsなのかMACなのか?ぐらい・・・・

 

 

 

 

インターネットもコミコミだよね???

 

 

 

インターネットコミコミ???

 

 

 

何が良くて何が悪いのか?なんてわかりません。

とりあえずパソコンの時代がくると言うことだけは広く伝わっていた。

 

 

 

 

 

当時、20万円〜30万円のパソコンがスタンダードでバカバカ売れていた時代。

しかし、インターネットがまだ未発達の時でした。

めちゃくちゃ分厚い本を読みながらチンプンカンプンでセッティングしていたのを

覚えています。

 

 

 

 

      当時のパソコンの選び方

Focus

・とりあえずスペック数字が高い方が性能がいいんだな。
   ====>まあ確かにそういうこと

 

・Windowsって書いてあるから学校のやつと一緒だ。
   ====>無難

 

・フロッピーディスクがないと使いもんにならないじゃないか!
  ====>当時はマストアイテム。
       他にデータを簡単に持ち運べるものがなかった

 

・インターネットは最初から使えるのか?
  ===>プロバイダーと契約しないと使えません。

 

・セキュリティーはちゃんとしなきゃ。
  ====>当時のセキュリティーは本当に弱かった。
       セキュリティーソフトを入れていてもすぐに
       感染してしまい壊れる状態

 

 

 

 


 



 

 

 

 

 

だいたいみなさんこんな感じで選んでいたんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

選択肢はお店の店員さんの考えか?

学校か会社で使っているか?

なぜそんなマイノリティーな選択しかなかったのか?

 

 

 

 

なぜならパソコンで使うインターネットが使えなかったから。

 

インターネットが使えない以上。

どうしても情報源はテレビや専門書、周りの口コミなどになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

それまでの時代はそれが当たり前であり普通だったことも深掘りすると面白そうですね。

 

多方面からの情報がないということは、

一つの情報を大事にしすぎて考えが偏ってしまう可能性がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビに関して言えば、完全に偏向報道の電波になっています。

 

✅自分たちのスポンサーのデメリットになることは言わない

✅コメント、内容を切り取って流し、全く違う意味にしてしまう番組

✅NHK職員(税金)の無駄に高い年収。

✅芸能事務所とのドロドロのしらがみ。

✅一方的な情報がいかに怖いことか。

✅力を持ったスポンサー、プロデューサー。

 

 

 

 

 

 

実際、高齢者の方は、テレビのいうことは間違いないと思っている人はたくさんいます。

 

 

 

 

そりゃ若者は誰もテレビを見なくなるわけです。

 

今や誰もが簡単にインターネットにアクセスして情報を得ることができる。

 

 

 

 

 

98年代の当時のパソコンたち

 

 

 

 

ソニーのVAIO

NEC

パナソニック

東芝

FUJITSU

 

だいたい形はこんな感じ

「パソコン 2000年」の画像検索結果

 

98年5月に発表されたボンダイブルーの初代iMac

 

「iMac 98」の画像検索結果

このiMacは見たことがある人は多いんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

学校で使われているのはwindowsがほとんどだった

 

 

 

 

 

当時のパソコン選び当時の日本では残念ながらwindowsがほとんどを占めていた。

学校に置いてあるパソコンも会社で使うパソコンも全てwindowsのOS

日本で作られたパソコンも(ソニーだろうが東芝だろうが富士通だろうが)全てWindows95もしくはWindows98でした。

 

そうするといざアップル製品か?Windows搭載の製品か?となるとどうしても

世間的にはWindowsになってしまう。

店員さんの進めるばかりにwindows製品を買ってしまっていた時代。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから時が経ち2020年

 

 

 

現在のパソコンは市場はどうなっているでしょうか?

 

現在のパソコン市場もwindowsかMacかに違いはありません。

 

違うのはパソコンを作っているメーカーが変わったこと。

 

Macはアップル製品なのでそのままです。

 

windowsはソフトウェアですのでパソコン本体を作っているメーカーは違います。

 

 

今、多いのは

 

 

 

Dell      アメリカ  (世界シェア 21.2%)

HP      アメリカ (世界シェア 22.8%)

Lenovo    中国 (世界シェア 14.3%)

ASUS    台湾 (世界シェア 9.7%)

APPLE    アメリカ 時価総額は世界1位  (世界シェア 9.0%) 

Acer     台湾   (世界シェア 8.8%)

 

 

などのメーカーですね。

 

 

日本は、相変わらず値段が高いのであまり人気はありませんね。

 

NEC

富士通

東芝

 

あたりです。

 

 

 

 

 

1998年、パソコンがどんどん売れていましたが今は大型専門店もなくなり、

家電屋さんの一部分に置かれるようになりました。

 

代わりに出てきたのがスマートフォンですね。

 

若者はスマホさえあればパソコンはいらないと言われるほどに

 

使いやすく高性能で、便利。

 

 

 

              

 

 

スマホで写真の加工や動画も編集できるようになってきましたからね。

 

 

あとは画面だけか・・・・・?????

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 



 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です