[名言] イチロー 天才の考え方

 

 

 

 

 

メジャーリーガー  イチロー

 

 

 

「イチロー」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特別なことをするために

特別なことをするのではない

特別なことをするために

普段どおりの当たり前のことをする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁というのは、できる人にしかやってこない。

超えられる可能性がある 人にしかやってこない。

だから、壁がある時はチャンスだと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人の記録を塗り替えるのは 7割、8割の力でも可能だが、

自分の記録を塗り替えるには 10以上の力が必要です。

 

       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢がだんだん近づいてくると、目標に変わってきます。      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人のアドバイスを聞いているようでは、どんどん悪いほうにいきます。

周りは前のフォームがどうだったとか言いますが、

   実はそんなことはたいしたことではないのです。          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロ野球選手は、怪我をしてから治す人がほとんどです。

しかし、大切なのは怪我をしないように、

普段から調整することです。

    怪我をしてからでは遅いのです。            

 

 

 

 

 

 

 

 

なにかを長期間、

成し遂げるためには、

   考えや行動を一貫させる必要がある。      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

努力せずに 何かできるようになる人のことを 「天才」というのなら、

僕はそうじゃない。

努力した結果、 何かができるようになる人のことを 「天才」というのなら、

僕はそうだと思う。

人が僕のことを、

努力もせずに打てるんだと思うなら、

    それは間違いです。            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦しみを背負いながら、

毎日小さなことを積み重ねて、

記録を達成した。

苦しいけれど、

同時にドキドキ、 ワクワクしながら挑戦することが、

    勝負の世界の醍醐味です。            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成績は出ているから今の自分でいいんだ、

という評価を自分でしてしまっていたら、

     今の自分はない。              

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

汚いグラブでプレイしていたら

その練習は記憶には残りません。

手入れをしたグラブで練習をしたことは

体に必ず残ります。

    記憶が体に残ってゆきます。            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Focus

特別なことをするために 特別なことをするのではない、

      特別なことをするために 普段どおりの当たり前のことをする。            

 

 

 

 

 

 

人に勝つという価値観では 野球をやっていない。          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分がわからないことに遭遇するときや、

知らないことに出会ったときに、

   「お、自分はまだまだいける」と思います。          

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が全く予想しない球が来たときにどう対応するか。

それが大事です。試合では打ちたい球は来ない。

  好きな球を待っていたのでは終わってしまいます。        

 

 

 

 

 

 

 

 

夢を掴むことというのは一気には出来ません。

小さなことを積み重ねることで いつの日か信じられないような力を

出せるようになっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

       

 

 

 

 

 

 

Focus

やってみて「ダメだ」とわかったことと

はじめから「ダメだ」と言われたことは

違います。

 

 

 

 

 

           

 

逆風は嫌いではなく、

ありがたい。

どんなことも、

    逆風がなければ次のステップにいけないから。            

 

 

 

 

 

 

 

考える労力を惜しむと、

前に進むことを止めてしまうことになります。        

 

 

 

 

 

 

  僕はいつも一生懸命プレーしていますが今日はよい結果が出なかった。

でも、 だからといって後悔もしていないし恥ずかしいとも思っていません。

なぜならできる限りの努力をしたからです。              

 

 

 

 

 

 

 

 

夢を掴むことというのは一気には出来ません。

小さなことを積み重ねることでいつの日か信じられないような

力を出せるようになっていきます。          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで来て思うのは、

まず手の届く目標を立てひとつひとつクリアしていけば、

最初は手が届かないと思っていた目標にも、

        やがて手が届くようになるということですね。                              

 

 

 

 

 

 

 

          自分の才能がある分野で

          自分の才能を見誤らず

            努力し続けられること それがイチローさんの才能なのかもしれません。        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です