お金持ちはやっていて以前一般人はやってたこと【スーパコネクター】

 

 

 

 

 

お金持ちはどんな人をイメージしますか?

 

 

 

お金持ちはお金を持っている人のことでしょうか?

それとも、お金の増やし方を知っている人のことでしょうか?

 

 

 

難しい質問です。

お金持ちはお金を持っているからお金持ちですし、

当然、お金の増やし方を知っているんじゃないの?

 

 

違います。

 

 

 

ポイントは

 

どうやってお金を持っているのかが肝心です。

 

 

 

Focus

✅たまたま生まれ育った家が金持ちだったのか。

 

✅たまたま宝くじやギャンブルが当たったのか。

 

✅自分で考えてお金持ちになったのか?

 

 

 

 

たまたまお金持ちになっている人は、

お金の増やし方を知らないからドンドンと減っていきます。

チヤホヤされてドンドン騙し取られていきます。

 

 

 

今では時代の流れに付いて行けずに名家が潰れていく、なんてことも多くなっています。

時代の進化に逆行して、新しいやり方をひたすら拒む。

代々続く家系の悪いところです。しがらみだらけですから。

 

 

 

 

 

 

 

本当のお金持ちは違います。

 

 

 

いろんな知恵を振り絞り、

知識をため情報を蓄積し

誰も知らないうちに行動し、

みんなが知るころにはプロジェクトは終わっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

その中で、情報というモノを非常に大事にする。

 

自分にとって大事なことは全く知らない第3者から伝えられる

 

 

つまり・・・どこで誰との会話が成功のヒントになるかわからないから人を見下してばかりいたらいけないよ。。

 

 

 

というコトワザもあるぐらいですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前は普通に一般人もやっていたのにいつの間にか

お金持ちしかやらなくなったことがあります。

 

それは何なのか?

 

 

 

 

 

              

 

 

 

 

 

環境の変化が分かれ目【金持ちか?一般人か?】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.大型スーパー・コンビニの出現

 

 

大型のスーパーに行けばありとあらゆるものが売っています。

 

食品もそうですし、ユニクロやスポーツゼビオも入っているし

フードコートもあるし本屋もある

1日家族サービスするには絶好の場所と言えるでしょう。

 

 

その一方で今までの商店街は近くに住んでいるお年寄りしか立ち寄らない場所になってしまった。

昔の商店街はみんな個人事業主

 

魚屋があって

肉屋があって

青果店があって

必要なものはそのお店で買い物する。

 

 

スーパーの場合は一括で仕入れてバイトの子が綺麗に並べていく

それをお客さんが買っていく。

 

 

何が違うか?

 

プロから買うか。並べてある商品を買うか

 

 

商店街の場合、肉屋ならば肉のプロです。

自分のところに置いてある商品を説明できなければ話になりませんよね。

 

 

 

 

Focus

✅そこで会話が生まれる。

 

✅情報が手に入る。

 

✅周りのお客さんもその話をきく。

 

✅話好きなおばちゃんたちはドンドン情報を拡散してくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

❤️今日のオススメは〇〇だよ

❤️朝とれたての〇〇だよ〜

❤️明日は〇〇のいいやつ入るから買いに来てね〜。

❤️お〜久しぶりだね。元気してた?

❤️お姉さんキレイだからこれもオマケしちゃう。

❤️私はこの商店街の〇〇っていう店で働いてるの。今度飲みにきてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーではこれができない。

みんな買い物をして帰るだけの作業

何がオススメか何がいいかは自分で決める作業

 

 

コンビニも同じですね。

一言も会話せずに買えますから。

 

 

 

コネクト

これによって失われたものは、圧倒的な情報力とコミュニケーション能力。

あなたは隣に誰が住んでいるか知っていますか????

 

 

 

 

 

 

2. ITの予想以上に早い進化スピード

 

 

 

今までのみんな集まっての会話などがドンドン減少。

一番はやはりSNSでしょう。

1対1でのやり取りである事

1対1の場合、それ以上のアイデアが出てこない。

 

 

昔近所のおばちゃんたちが話ていて

最初は1対1で話していると思っていたら

いつの間にか3人から5人ぐらいになっていることありませんでしたか?

 

 

ちょっと聞いてよ。

 

今日の笑っていいとも!見ました???私もう中居くんが・・・・・。

 

最近〇〇さん見かけないけど元気かしら。

 

それだったら〇〇した方がいいですよ。

 

私、知り合いいるから紹介しますわ。

 

 

 

 

ドンドン輪が広がっていく感じ。

話が止まりません。

 

 

 

結果的にコネクターの人の家庭は晩ごはんが遅くなる傾向に。

 

 

 

 

 

 

実はこれお金持ちはやってるんです。

 

 

パーティーや食事会やコンペなど。

 

 

いろんな場所に訪れては、いろんな人と話して知見を深める。

いろんな情報を整理して新しいアイデアが生まれる。

 

言えばおばちゃんたちの道端会議はかなりエクゼクティブなことをしていたんです。

 

こう言った人たちをスーパーコネクターと言います。

 

 

 

これからの職業  スーパーコネクター

 

 

 

 

 

 

 

今の人たちが共通して言えること

 

コミュニケーションをとらないということは???

 

 

 

 

Focus実際にコミュニケーションをとらなくても生活できてしまう事も問題かもしれません。

 

スーパーに行けば食品が売っていますし、コンビニ行けば弁当が売っています。

 

会社に休憩時間はみんなが下を向いてスマホをいじっている時代。

 

ヤフートピックスを見て、その情報で納得してしまう時代。

 

会話が無いので自分だけの思考に偏っていってしまう。

 

公園で大人が子供に話かけたら、犯罪者扱いです。(叱ったりなんかしたらそこで終了です。)

 

悪い事をしていてもNOと言えない時代。(逆恨みにあったら嫌じゃん)

 

炎上させる事で注目を誘う時代。

 

一人暮らししていなければいけない理由は?(家賃を払うために生活しているような・・・)

 

核家族が当たり前。

 

隣の家の人はどんな人か知りません。(誰が住んでくか知ると怖いじゃん)

 

簡単に壊れしまうネットの中の付き合い(ログインしなければ一生連絡取れない)

 

 

 

 

 

 

お金持ちがやっている事

 

 

 

それは上記と真逆な事。

誰も知らない情報をいち早く入手する事。

トレンドやヤフートピックスのニュースだけではありません。

実際に、電話して会って見て考察する。

 

彼らは、人と会うことにお金を惜しまない。

そこに本当の情報があるのならば、

飛行機で向かいます。

 

 

 

有意義な時間を使うならば食事のためだけでも何時間かけても向かいます。

 

パーティーに行っても仕事の話なんかしません。

そんな事したら絶対に情報は得られません。

 

 

 

 

富豪は会って会話する事をとても大事にする。

 

 

それが仕事の話でなくても・・・・自分からはその事に触れません。

相手が話するまでの空間を演出する。

 

 

 

 

相手の信頼関係が生まれてきたとき

ボソッと言います。

 

 

 

そう言えば〇〇の事業だけど君のやってる事業と近いから助けてくれよ。

 

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか???

以前の人たちは密接に繋がっていました。

仕事もプライベートも教育も。

 

だから簡単には仕事の依頼を無くすとか、単価をどんどん減らすとかなかったわけです。

人の気持ちがわかっていたから。

 

 

今はメール一本で仕事終了。

メール一本で解約。

家族連絡もLINEで。

家ではずーっとネット依存。

 

 

 

こういった時代にしたのはITの進化ですが、

むしろわざとお金持ちの人によって、こういう時代にもっていったという方がしっくりくるかも知れません。

 

その方が、マインドコントロールしやすいですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です