【8月6日】日本人であることを思い出そう【戦後75年】

 

 

 

戦後75年

 

 

昔の日本はみんな貧乏だった。

誰しも、生きることに必死で、働かなければ生きていくことができない。

日本の子供たちが飢餓や栄養失調で亡くなっていく。

 

想像できますか?

 

 

どんどんモノを作るんだ。

道を作るんだ。

日本中にモノを届けるんだ。

作った先に、幸せな未来があるはずだから・・・・。

 

 

 

 

時は過ぎあれから75年

 

モノが溢れかえっている日本。

自分たちで作るんではなく、海外で安く作ったものを、

みんな、なんの疑いもなく食べている。または、着ている。使っている。

 

 

栄養失調で子供が死んだなんてなれば、ニュースで流れることでしょう。

 

 

みんなが、それなりに裕福で無機質でニュートラルで、からっぽで中間色で抜け目のない

 

経済的大国ができてしまった。

 

 

 

 

 

自分たちでものを作るよりも、作ったものを売ることで儲けている。

 

仲介することで、マージンを抜き取っている。

 

労働者は、ただの調達品。

 

 

製造技術は全部に海外に流れ、日本で作ろうとすれば3倍のお金がかかってしまう。

 

 

 

Focus

マスク  50枚  中国製 880円

マスク  50枚  日本製 3500円

 

 

 

 

日本という富裕大国の出来上がりです。

 

 

 

 

 

75年間で日本の生活様式はすべて変わってしまったんじゃないか?
・大事なことはお金を稼ぐこと。
・お金をいっぱい持っていること。
・みんなで幸せになるのではなく。
・自分さえよければ他人なんてどうでもいい。。

 

 

 

 

 

 

 

・隣に誰が住んでいるかなんて知らない。

・人とは、できるだけ関わらない方がいい。

・どこで作られた物を食べているかも知らない。

・日本の未来?なるようになるんじゃない?

・どんだけ頑張っても、お金がたまらない制度。

・聖職者とは名ばかりのお粗末な教師・警察官。

・少子化と高齢化

・移民を奴隷のように扱う企業

 

 

 

 

この先この国に希望が持てなければ、子供は増えないし国力も終わりを迎える。

 

今の若い人たちは、少なからず感じとっているはずです。

 

・この先日本の未来がない。

・いくら頑張っても既得権益に持っていかれる。

・ネットもわかっていないような、おじさんたちにこき使われる。

・仮に子供を作ったら、将来子供が大きくなった時に迷惑がかかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気づいた時には、遅いのが今の世の中です。

 

 

 

日本製のモノ。どれだけ使っていますか?

 

 

洋服

おもちゃ

フェイスブック

ツイッター

iPhone

iPad

YouTube

ベッド

マスク

椅子

カバン

 

 

 

 

 

・外国製品に囲まれていた時。

・仕事がいつの間にか減っていた時。

・会社が派遣ばかりになっていた時。

・自分の価値が証明できなくなってきた時。

・簡単にクビにされた同僚。

この国は、物作り国家ではなくただの極東の一島国となる。

 

 

 

誰のせいにしますか?

 

 

 

あなたは、誰のせいにしますか?

 

政治家ですか?

企業ですか?

外国人ですか?

既得権益層ですか?

すべての日本の大人ですか?

 

 

 

 

 

 

まずは歴史を学び、戦争で死んでいった人に問いかけましょう。

 

 

8月6日

8月9日

8月15日

 

 

 

 

すべてが崩壊した日本だが、今も既得権益は財閥となし権力を維持している。

 

 

 

 

 

これから生まれてくる日本の子供に謝らなければいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です