アジア英語事情について【日本の実力は?】【英語学習】

 

 

 

 

 

 

 

 

アジアでの英語活用状況について

 

 

 

 

 

 

 

インドネシア       インドネシア語

タイ           タイ語

フィリピン        タガログ語

ベトナム         ベトナム語

マレーシア        マレー語

シンガポール       英語 マレー語 中国語

 

 

 

 

 

 

公用語 求められる英語力(TOEIC) 英語使用度
インドネシア:インドネシア語 550点~600点前後 △職場のみ。買い物程度OK。
タイ:タイ語 550点~600点前後 △職場のみ。買い物程度OK。
フィリピン:タガログ語、英語 550点~600点前後 ◎問題なく通じる。
ベトナム:ベトナム語 550点~600点前後 △職場のみ。買い物程度OK。
マレーシア:マレー語 750点~800点前後 ◯かなり通じる。
シンガポール:英語、マレー語、中国語 800点以上 ◎問題なく通じる。

 

 

 

 

ここで残念なお知らせ

 

じゃあ日本は????

先進国の日本だったらアジアのどこよりも上でしょ。

 

 

 

まさにファクトフルネス(FACTFULNESS)

 

2019年度調査で非英語圏の英語力調査

 

英語を普段使わない国による英語力の調査です。

 

 

 

Focus

1位  オランダ

2位  スウェーデン

3位  ノルウェー

4位  デンマーク

 

流石に欧州圏が強いですね。

 

5位  シンガポール

 

 

 

 

出ちゃいましたね。

5位にシンガポールです。

まああの国は頑張ってるし、いろんな国の人がくるからね。

 

 

Focus

6位  南アフリカ

7位  フィンランド

8位  オーストリア

9位  ルクセンブルク

10位 ドイツ

 

 

経済大国世界3位の日本は10位以内に入っていない現実。

 

 

 

ちなみに

 

20位  フィリピン

26位      マレーシア

33位      香港

34位      インド

37位      韓国

38位      台湾

 

 

 

 

52位     ベトナム

 

53位     日本 

 

 

 

 

 

残念ですがこれが現実です。

 

統計の中央値は23才。

 

 

 

 

 

日本がゆとり教育なんてやっているうちにアジアのレベルが上がったとも言えますが

しかし、お粗末すぎますね。

 

 

 

 

 

日本の場合だと、ほとんどが日本語

まず英語で会話する機会もあまりないですからね。

会話する機会がない====>そうするとどんどん忘れていってしまう。

これは当然です。 毎日、アメリカ人は英語を話すから英語がうまいのと一緒です。

 

 

 

 

 

日本にいても出来るだけ英語をうまく話したい方へ

 

 

 

たくさんいらっしゃると思います。

誰しも英語をネイティブに話す姿は相手に好印象をもたらします。

ここで大事なのが、いつでもできるや!!!!という感情が英語の勉強を遠ざけてしまうこと。

日々、忙しく過ごしているとなかなか時間が作れません。

英語の勉強をしようとしても実際何からやっていいのか考え込むことも多く、

その間に時間が経ってしまうと英語を勉強しようという感情自体が薄れてきてしまうものです。

人間は誰でも怠けたる生き物ですから、強制的に勉強しないとなかなか成果は出ないように思います。

 

 

 

 

 

 

 

大事なこと

✅普段からしゃべる癖をつける。

✅身近に、英語だけで会話する友人を見つける

✅普段から勉強する時間を決める。

✅アメリカの映画を字幕なしで毎回みる。

✅時間を決めて英語学習時間を作る。

✅どれだけ話せるようになったかプレゼンする場をもつ(交流会)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語はただの言語です。

話せないわけがない。
日本最大級の留学総合サイト【School With

欧米留学の約1/3の費用で留学可能!
<初心者向け>セブ語学留学はこちら


英会話を自宅で!!しかも安い!!
チケット制のオンライン英会話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です