[謝罪文なのか?] 東須磨小学校 加害教師の謝罪文からみる現代の教師と働き方[異常]

 

 

 

 

あまり固有名称は出したくないんですが、

これはこれからの学校の先生という職業自体が危ぶまれることと思い

特定の小学校の名前を出します。

 

  東須磨小学校での教師が教師をいじめるという事件

 

加害者は東須磨小学校の先輩教師4人

主犯格とされる40代女性教師

他30代の男性教師3人による犯行。

 

 

 

 

         
 

 

 

 

加害要件

暴行を加える。

激辛カレーを食べさせ、目に塗りたぐる。

被害教師の車の上に乗り、動画撮影。

「授業中に騒いでもいい。ボイコットしてもいい」『反抗してもいい』『いうこと聞くな。』 と子供たちにけしかける。

ビール瓶を口に突っ込まれて、飲むことを強要。

お菓子を口に突っ込み、食べさせる。

激辛ラーメンを食べさせ、その汁を目に塗りたくる。SNSで他人に性的、わいせつなメッセージを強制的に送信させる。

服やズボンをビリビリに破られる。髪の毛や服にノリをつけて、パリパリにする。

『家まで運転しろ』と送迎を命じられ、パシリにされていた。

 

 

 

 

いじめをしていたとされる4教師の謝罪文

 

 

読んでいて恐怖を感じました。

これが教師の文章だとは思えませんでした。

 

 

 

   30代男性教諭A

 

 

ここまで被害教員を大切に育ててこられたご家族の皆さま、このたびはこのようなあってはならない事態を引き起こしてしまい、

大変申し訳ありません。

ご家族の皆さまには直接お会いして、謝罪の辞を述べさせていただきたいと思います。

東須磨小の保護者の皆さま、そして子どもたちに、おわびをしなければいけません。

いけないことを教える立場の私が、加害者となり、混乱と不安を与えてしまうことになってしまいました。

信頼を裏切ることになってしまったことを、深くおわびしたいと思います。

本当に申し訳ありませんでした。

 

 

 

 

   30代男性教諭B

 

 

自分自身の相手への配慮に欠ける言動や、軽はずみな言動に、最低な人間だと実感しました。

一社会人として、人間として、恥ずべきことと考えています。もし、許されるのであれば

被害教員やご家族に直接、誠心誠意、謝罪したいと思います。

東須磨小の児童、保護者の皆さん、自分の身勝手な言動で、たくさんの迷惑をおかけしました。

この事案を機に自分の在り方をしっかりと見直し、自分の言動に対して猛省を続けたいと思います。

本当に申し訳ありませんでした。

 

 

 

   30代男性教諭C

 

 

相手のことを思いやらずに、自分勝手な行動で相手を傷つけたことを反省しています。

被害教員をはじめ、私の行動で嫌な思いを先生方にさせてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

東須磨小の子どもたちや保護者の皆さんには、申し訳ない気持ちです。

私の犯した行為は、許されることではありません。東須磨小の子どもたちは、

素直な明るい子どもたちなので、そこを伸ばしてほしいと願っています。ただ、

私の行為はその成長の邪魔をしてしまったと思っています。

 

 

 

 

 

 

         
 

 

 

 

 

   主犯格とされる40代女性教師

 

 

 

子どもたちに対しては、こんな形になって申し訳ないです子どもたちを精いっぱい愛してきたつもりですが、

他の職員を傷つけることになり、子どもたちの前に出られなくなり申し訳ありません。

私の行動で、迷惑をかけてしまったことに対して、本当に申し訳ないと思っています。

被害教員に対しては、ただ申し訳ないというしかありません。

被害教員のご家族に画像を見せられ、入院までしている事実と、

苦しんでいる事実を知りました。本当にそれまでは、被害教員には自分の思いがあって接していたつもりです

自分の行動が間違っていることに気付かず、

彼が苦しんでいる姿を見ることは、かわいがってきただけに本当につらいです

どうなっているのかと、ずっと思っています。

 

 

 

 

 

 

この中の男性教師からセクハラをされたと告白した女性教諭

 

女性は、被害教諭にいじめを行っていた30代男性教諭から“セクハラ”を受けていたと語った。
新任で同小学校に赴任した女性教諭。

「女性として伏せておいてほしいことをネタにされる」ことなどが日常的にあったと話し始め、

「体形的なこと、胸がないことを言われたり、生理の日とかを『この時期ちゃうか?』みたいに言われたり」

女性が床にしゃがんでいる時に、後ろから尻を持ち上げられるといった“接触してのセクハラ”もあった。

具体的に男性教諭からの“セクハラ”を明かした。

 

 

 

 

 

  現校長の会見にも違和感がある

 

現校長の会見が行われていますが、

なぜか他人事感がすごい。

いじめが行われていた当初、現校長は教頭をやっていました。

教頭は。すなわち職員室にいる人です。

そんな人が事件のことについて全く知らなかったというのはおかしな話じゃないですか?

 

 

そして、いじめが起きていた当時の校長も知らぬ存ぜぬ。

 

いい教育してますね。

 

 

 

 

なぜこんなことが起きるのか?

 

 

         
 

 

 

 

 

 

 

 

教師が教師をいじめる。

これによる被害は、加害者被害者の枠を超えて、

 

 

Focus

そこの小学校で働く教員。

そこの小学校で勉強する生徒。

そこの小学校の卒業生。

同じことを真似する模倣犯。

教師を信用しなくなる子供達。

 

 

 

 

 

警察官・教師の事件簿  働き方に異常をきたす聖職者 2019−2

 

 

 

 

つまりは崩壊の道を辿って行くことになります。

子供は大人をよく見ている。

自分たちが思っているほど、子供達は大人を見ています。

 

そんなこともわからない人間がただ試験を通っただけで教師になれてしまう。

圧倒的上下関係の子供達を従えて偉くなった気になってしまう。

ゆとり教育で育った教師が脱ゆとり教育世代の子供達の邪魔をしてしまう。

 

 

ただ優しくする、甘やかす、友達感覚で接する。

 

そんなんものは教育なんかではありません。

 

 

 

 

 

         
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です