【留学】若いうちに世界をみることの必要性を解説 【英語学習】

若いうちに世界をみることの重要性を解説

 

 

 

 

 

 

日本人は、日本から出ません。

本当に出ません。

海外について憧れはあると思いますが、島国なだからなのか

かなりの勇気を強いられるのが現状です。

 

 

そして

 

海外より安全で物があるのも理由かも知れませんが、

海外の情報が極端に少ない。

 

たまに流れるのはアメリカの情報ぐらい。

いまだに半鎖国状態といってもいいんじゃないでしょうか?

世界の標準を知らずに、日本独自で進める。

それは、半分賭けのようにも思えます。

 

 

 

 

 

日本人はなぜ英語を喋れないのか?

 

 

 

 

 

A、 英語を普段しゃべらないからにつきます。

 

日本にいる限り英語は話しません。

普段の生活でも、テレビやネットのニュースでも

ちゃんと日本語に翻訳してから流されます。(どんだけ過保護なんだ)

よって、本来の文と翻訳された文とでは意味合いが違ってくることもよくあります。

 

中学、高校、大学と英語は毎日といっていいほど勉強します。

6年間から10年間勉強するわけです。

日本の教育レベルからいってわからないわけがないんです。

 

 

インド人でもフィリピン人でもシンガポールでも中国人でも

基本、英語はできます。

逆に、英語が話せないことがどれだけ脅威なことなのか・・・・・。

 

ガラパコス化している日本では理解しずらい。

 

 

 

 

主な理由として

 

日本は高齢者優遇の政策がまかり通っていること

 

 

 

 

 

日本の人口は減り続けている。

少子高齢化の影響で、高齢者に対しての政策を通した方が

選挙に受かりやすい。

 

政治は数であり、数は力、力は金だ。

BY 田中

 

 

 

これは、もう言い切ってますから間違い無いでしょう。

よって、これから高齢者がますます増える日本では

若者に対する優遇政策は期待できないでしょう。

 

 

 

 

 

 

テレビは国民の情報ツールのはずが今は権力でつまらない情報番組ばかり

 

 

もう最近全くテレビを見なくなって5年ほどたちます。

 

テレビ関係で流れてくる情報は、事務所の圧力でタレントを使わせないや

便利なグッズ情報、豆知識の番組・・・・・・。

 

 

CMを強制的に見させるのも私はおかしいと思っています。

正直、今後も見ないでしょう。

完全に暇な高齢者のツールとなっていくんではないでしょうか?

 

 

 

 

 

教育の変化のはざま

 

 

今の30代、40代がメインで経済や社会を作っていることは間違いないでしょう。

しかし、彼らの時代の教育は英語を軽視しています。

 

 

 

 

不良文化が横行していて、真面目に勉強する人が少なかった。

⇓⇓⇓

それでも、簡単に就職できてしまっていた事実

⇓⇓⇓

バブル経済の発生

 

 

 

 

 

 

 

 

バブルとは一体なんだったのか? [日本を変えた54ヶ月]

 

 

 

 

 

世界で今、何が起きているのか?

今の日本では、日本に住んでいる限りそこまで被害が出にくい。

なぜなら日本の環境が世界とどう違うのか?ちゃんと知っている人は少ないから。

 

 

 

 

 

Focus

1日、日本でどれだけの食べ物を捨てているのか?

 

===>年間2000万トンの食べ残しを捨てている。

===1秒間に8600個のおにぎりを捨てているのとイコール

 

日本の食料はほとんどが輸入に頼っていますよね。

これを言い換えると日本に輸入されてきた食べ物

の三分の一を捨てていることになります。

 

 

廃棄された食べ物でどれだけの子供が救えるのか?

飲み水も飲めずに生後1年未満に亡くなってしまう子供たち

 

 

 

 

 

そういった情報はたまに日本にいても流れることがあります。

 

しかし、人間の脳は一時の記憶だけで、感情、情熱、悲哀感などが持続させないようにできている。

つまり、いくらその時かわいそうと思っても、、、何とかできることはないか?と考えても

1日寝たら、もしくは数時間でその時の感情の熱がなくなっていることに気づきません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

日本は安全でコンパクトで便利な国と言うことは間違いないでしょう。

 

しかし、便利すぎるが上に世界からは考え方が違っていきがちです

 

 

できるだけ早いうちに世界をみること。

 

 

Focus

世界は本当に広い

75億人以上いる世界で私たちは1億人ぐらいのキャパ。

世界に対して日本は本当に薄いです。

でも、そこをなんとか突破してできるだけ早いうちに世界を見て欲しい。

できれば中学生、高校生の間に1年ぐらい。

 

 



 

それは、今の日本では親御さんに頼るしかない。

しっかりした親御さんならば理解してくれるでしょう。

っと言うか、わかっているでしょう。

 

 




 

世界標準からずれていくと本当に物珍しい国として

観光するだけの国になってしまいそうですね

 

 

 

 

              

 

 

 

 

Focus

未知の旅へ

踏み出そう。

挑戦する楽しさを思い出そう。

プログラミングは人生を変えるちか未知

10秒で登録完了!TECH::CAMPオンライン説明会

【TECH::CAMP(エンジニアスクール)】

英語はただの言語です。

話せないわけがない。
日本最大級の留学総合サイト【School With

欧米留学の約1/3の費用で留学可能!
<初心者向け>セブ語学留学はこちら


英会話を自宅で!!しかも安い!!
チケット制のオンライン英会話

 

 

 

 

“【留学】若いうちに世界をみることの必要性を解説 【英語学習】” への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です