できる人は知っているゴルフと仕事の密接な関係【対処法】

 

 

 

 

 

2020年

ゴルフ離れが深刻さを増しています。

 

 

 

 

 

「ゴルフ 人口」の画像検索結果

 

 

 

ひと昔前、バブル時代にはゴルフ会員権が爆上げ。

 

バブル時代ゴルフ会員権は投機対象として取引されていました。

 

1990年ゴルフ会員権平均相場   過去最高値 4388.3万円

 

2003年ゴルフ会員権平均相場  過去最安値 248.8万円

 

 

「ゴルフ会員権 バブル」の画像検索結果

 

 

 

 

 

なぜゴルフがこんなにも嫌煙されてしまっているのか?

 

 

 

 

 

 

昨今の日本の景気はいいと言われているのに・・・・。

ゴルフをやる人が減っている理由。

 

 

 

 

 

Focus

✅プレー費が高い

✅する仲間がいない

✅土日まで会社の人と会いたくない

✅ゴルフ場が遠い

✅ゴルフ道具が高い

✅なかなか上手くならない

✅練習するにもお金がかかる

 

 

 

 

だいたいこんな感じですね。

 

 

 

 

 

皆さんはこれをみてどう思いますか?

 

1

そっか。みんなやらない理由はこういうことか。

じゃあヤらないでおこう。

2

そっか。みんなのやらない理由はこういうことか。

これはチャンスだな!!やってみようかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴルフを仕事として考えた場合

 

 

 

 

 

 

なぜ、ビジネスマンはゴルフをやるのか???

 

 

仕事関係でゴルフに行った場合。(接待ゴルフやコンペなど)

 

何が良いのかと言うと朝から夕方までお客さんと同じ時間を共有できることです。

 

普段仕事をしていてそんなチャンスってなかなかないですよね。

 

ましてや、普段はビジネスの場です。

 

仕事モードに入っているので、ピリピリすることも多々あることでしょう。

 

今以上に信頼関係を築くには時間がモノを言うことは間違いありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

信頼を築くには打って付け

場所は日常を離れた空気のいいゴルフ場。
一緒に食事をする。
一緒に汗を流した後にお風呂に入る。
その後、飲みに行ったりもする。
プレイ中に2、3回はナイスなプレーも生まれるのがゴルフです。
そこで共感、努力、楽しさ、自然、半日を共有する。
それができるスポーツはあまりありませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒に回る時に知っておくべき豆知識【必見】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

✅早め早めの行動

 

 

ビジネスマンならば当たり前ですよね。

これができないビジネスマンは信用されません。

ゴルフの場合、現地には30分前にはつくように準備しておきましょう。

なぜかと言いますと、行く道で何があるかわからないからです。

普段通る道ならばある程度の予測はつくと思いますが、

ゴルフコースはだいたいが山の中にあります。

道がわからない場合や高速の渋滞・事故処理など。

予期せぬトラブルが結構起こります。

長年やっている人ならば経験があるのではないでしょうか?

そうした場合で遅れてしまった場合、最悪です。

めちゃくちゃ空気はいいのに、めちゃくちゃ空気の悪い空間の中から始めることになりますから。

 

 

 

 

 

 

 

✅間違っても、露骨に仕事の話をしてはいけません。

 

 

本当に嫌がられますから。

焦ってはいけません。

まずは、お客さんを楽しませること。

仕事の話は逆効果です。

 

 

 

 

 

 

✅できれば、男3:女1がベストか?

 

 

お客さん1人

まあまあ上手い1人

盛り上げ役1人

自社の女性1人

 

このパターンはかなりいいです。

女性がいるといないとでは、雰囲気がこれほどにも違うのかがわかります。

自分たちのテリトリーの中でお客さんを確保でき、しかもどんな雰囲気にも対応できる布陣です。

 

 

 

 

 

 

✅上手い人の場合、真剣にスコアを狙う方もいらっしゃいます。

 

 

その場合は、上手い人間でまとめるのがいいでしょう。

ゴルフは、非常に流れを大事にするスポーツです。

みんながパーで回っているのに1人だけ+3とか+4とかで回ると流れを崩してしまうことになります。

+3で回っている人は、もっと上手くやらなければと思い、余計緊張してどんどんスコアが悪くなっていきます。

 

 

 

 

 

 

✅細かい気遣いができるところをアピール

 

 

ゴルフの場合は過剰は禁止です。

紳士のスポーツですから。

細かいな気遣いをちょくちょくする事。

 

 

・ボールの行方を最後まで誰よりもみるとか。

・カートに乗るときは必ず邪魔にならないところにとか。

・さりげなく、パターを持って行くとか。

・さりげなく、ミスしてみるとか。(それによってお客さんの緊張がほぐれる場合も)

 

 

本当に細かいところですが、

ビジネスの世界ではそういうところが大事な事はみなさん知っている事だと思います。

 

 

 

 

 

 

✅やりすぎは要注意

 

これは、最初のうちにやりがちなことです。

どうしても、盛り上げなければと思ってしまい無駄なことをやってしまう。

過剰に褒めすぎてしまう。

それによってお客さんの流れが変わってしまうこともありますから。

ほどほどに・・・・。

 

 

 


 

✅ジュースなどの持ち込みについて

 

 

ゴルフ場で飲み物などを買う場合、やたらと高いですよね。

だから親切心でお客さんの分も持ち込んだとします。

しかし、そのお客さんはゴルフ場の運営にも関係していること人だったのです。

そうした場合、どうなるか???

持ち込みされた分、ゴルフ場の利益は少なくなることになりますよね。

当然、いい気分にはなりませんね。

 

 

 

 

 

✅良かれと思ってアドバイスはしない

 

 

だいたいアドバイスをするときは良かれと思ってすると思います。

ですがゴルフの場合、ましてやお客さんの場合。

アドバイスはしない方が懸命です。

仮に、スイングに関してもう少し〇〇してみたらいいんじゃないですか????

とアドバイスしたとしましょう。

そのアドバイスを実行したお客さんは、その後ボロボロのスコアになってしまった・・・・。

どうなるかは察しが付くと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか???

次回はゴルフが上手くなる方法を解説します。

これさえ抑えれば接待ゴルフはもちろん、自分の意図したスコアで回ることができます。

必見です。

 

 

 

 

 

               

 

 

次回に続き

 

 

 

 

 

 

ゴルフで100切りを目指す確実な方法【練習方法】

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です